サッカーとフットサル、両方してもいい?

2013年04月02日

育成を考える

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回はフットサルとサッカーのふたつについて保護者の方からのご相談です。

◎試合(試合で修正したい悩み)

qicon
(質問者:小学3年生の保護者)

現在、小学3年生の子どもがサッカーを楽しんでいます。周りにサッカーとフットサル、両方を習っている友達がたくさんいます。私自身もサッカー、フットサルを楽しんだことがありますが、サッカーとフットサルは全く違うスポーツだと感じました。ドリブルの仕方、動き方、蹴り方などです。たまに楽しむ程度なら良いと思いますが、習うとなるとサッカーにもその影響が出てしまう気がします。実際、フットサルを習っている友達のサッカーのときの動きが気になることがあります。池上先生はサッカーとフットサルの違いについて、どのように考えでいらっしゃいますか?

qicon
フットサルの技術をサッカーで応用しよう
プレーの幅が広がります

 フットサルで体得した技術は間違いなくサッカーでも使えます。まったく問題ありません。ブラジル人選手には、セレソン(代表)クラスにもフットサル出身がいっぱいいます。それは、プレーを見ているとわかります。足の裏でうまくボールをコントロールするなどボール扱いが巧みです。

 例えば、2002年日韓W杯準決勝ブラジル対トルコ戦。ペナルティエリアの外でボールを受けたロナウドはドリブルを始めると、その動作を崩さずにボールにタッチするような足運びでトーキック。相手GKは慌ててボールに反応しましたが、左手をかすめてゴールに吸い込まれました。

 GKは「まさかこのタイミングでシュートが来るなんて」と驚いたに違いありません。ゴール前の密集地で、GKが視界を確保しにくい状況で足をすばやく振り抜いた技ありのトーキックでした。

 このトーキックは、小さなシュートモーションでも、強く速いボールを蹴ることができます。これは判断に使える時間も、スペースもないフットサルで多用されている技術。ロナウドはフットサルでこの技術を修得したのでしょう。

 ですので、ジュニア時代にフットサルとサッカー両方のトレーニングをするのは非常によいことです。間違いなくプレーの幅は広がります。日本で活躍するブラジル人のコーチも「日本人がフットサルが悪影響みたいなことをいうコーチがいるが、僕には意味がわからない」と言います。

 余談ですが、ブラジルはこの1点を守り抜いて決勝へ進出。決勝戦では、またしてもロナウドの2ゴールでドイツを退け、史上最多5度目のW杯優勝を達成しました。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク