【第38回全日本少年サッカー大会】大分県大会 決勝フォトレポート&大会結果「互いに譲らぬ攻防。延長戦の末にブルーウイングが2年連続載冠!」

2014年06月16日

大会情報

互いに譲らぬ攻防。延長戦の末にブルーウイングが2年連続載冠!

決勝-ブルーウィング対明治北②

(文・写真●柚野真也)

6月15日(日)に行われた、「第38回全日本少年サッカー大会 大分県大会」最終日。決勝に勝ちあがったのはブルーウィングフットボールクラブ(以下、ブルーウィング)と明治北SSC(以下、明治北)。

今大会を通じて、ブルーウイングには「自分たちのサッカーを貫く」という強い信念が感じられた。選手が自分たちで相手の急所を探し、狙う。「あえて言うなら、スタイルがないのがスタイル」とは古畑監督。その、ブルーウイングらしさは明治北との決勝戦でも存分に発揮された。

明治北がハイライン、ハイプレスを得意とするチームとわかれば、ロングシュートと縦パスを有効に使い、ゴールキーパーと最終ラインのあいだの広大なスペースを狙う。積極的にロングシュートを狙った開始2分に7番平野守惟くんの先制点。あるいは11分、キックオフ直後にシュートを狙い、ゴールキーパーのクリアボールに詰めた4番斎藤優くんの2点目、さらに延長前半、鮮やかなカウンターで右サイドを突破して生まれた10番野山大翔くんの決勝点など、ブルーウイングの得点はいずれも相手の弱点を狙い、生まれたものだった。

ただし、ブルーウイングの優勝の要因は、彼らが「らしさ」を貫いただけではなく、古畑監督は「大会を通じて成長を見せてくれた」と語った選手たちのメンタル的な強さも見逃せない。準決勝まで失点1の堅守を誇ったチームが決勝戦ではまさかの4失点。また、後半早々に一人の退場者を出してしまい、勝ち越すたびに追いつかれる苦しい展開を強いられたものの、最後の最後で明治北の猛追を振り切り、2年連続の載冠となった。

■ブルーウイングフットボールクラブ 古畑葵監督のコメント
立ち上がりは狙い通りでした。相手の最終ラインが高く、セットプレーが上手いチームと分かっていたので、攻撃はウチのワントップの選手が裏のスペースに頭でそらしたボールを狙いました。守備は一人退場者を出してからは、守る意識が徹底できたと思います。選手は最後まで声を掛け合い、足が止まらず、よく頑張ってくれました。そして、決勝の舞台でも自分たちで考えたプレーをしてくれました。昨年は全国大会で1勝もできなかったので、今回は高い目標を持って挑みたいです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク