【第38回全日本少年サッカー大会】和歌山県大会 決勝フォトレポート&結果 「目標は1次ラウンド突破。FC Valentiaが3年ぶりの大舞台に挑む」

2014年06月16日

大会情報

目標は1次ラウンド突破。FC Valentiaが3年ぶりの大舞台に挑む

SONY DSC

(文・写真●前田敏勝)

6月15日(日)、和歌山県の河西緩衝緑地西松江緑地サッカー場で、「第38回全日本少年サッカー大会 和歌山県大会」の準決勝戦、3位決定戦、決勝戦が行われ、FC Valentiaが3年ぶり6度目の全国大会出場を決めた。

決勝戦では、FC Valentiaと貴志川サッカースポーツ少年団A(以下、貴志川)が対戦。立ち上がりは貴志川ペースとなっていたが、前半の給水タイムを終えたあとの11分から、FC Valentiaが選手交代で流れを変える。前日の試合での負傷により、大事をとってベンチスタートとなっていた司令塔で10番の山中太陽くんと、チーム1のドリブラーである11番の吉川楽くんの5年生コンビを送り込むと、FC Valentia自慢の個人技が威力を発揮する。

そして、スコアレスで迎えた後半4分、相手のパスをカットした16番の川田丈晴くんが独走。相手GKらをかわしてゴールを決めきり、FC Valentiaが先制に成功した。その後、貴志川も幾度か好機を作ったが、1番のGK花本達紀くん、3番で主将を務める今井翔大くんをはじめ、FC Valentiaが粘り強く守ると、終盤には12番の山本和生くんの左サイドからのドリブル突破から、FC ValentiaがPKを獲得。これを山中くんが決めきり、勝利を呼び込んだ。

決勝戦で値千金の先制点を決めた川田くんは、「決勝でゴールを決めることができて、めっちゃ気持ちよかった」と満面の笑顔を見せ、主将の今井くんは「優勝して、素直にうれしいです。全国大会では、まずは1次ラウンドを突破したい」と意気込みを述べていた。

■FC Valentia 山中堅司監督のコメント
攻撃的な姿勢を、全国大会でも、もちろん続けていきたい。全国大会では、実戦で生きる技術が『ほんまもん』だと思いますから、そこを意識しながら、技術を磨いていけるようにしたいです。この全国大会への権利を取るまで、みんな努力してきました。目標を達成するまで、選手、スタッフ、みんな心理的にプレッシャーもあったかもしれませんが、その追い込まれた状態が、優勝できたことで、そのくさびをひとつ外せましたし、自由になってやっていきたいですね。全国大会に向けては、みんなが得意とするドリブルだけでなく、パスなどをうまくコーディネートした形ができればなと思っています。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク