【第38回全日本少年サッカー大会】静岡県大会 決勝フォトレポート&結果 「Vivace FCが静岡県大会を制し、2連覇を達成!」

2014年06月17日

大会情報

Vivace FCが静岡県大会を制し、2連覇を達成!

2014全少静岡009

(文●田中芳樹 写真●中野嘉也)

6月15日(日)、「第38回全日本少年サッカー大会 静岡県大会」の決勝、準決勝が藤枝市民グラウンドサッカー場で行われた。

決勝に進んだのは、ともに1回戦から圧倒的な力を見せつけていたVivace FC(以下、Vivace)と、Honda FC U-12(以下、Honda)。

試合は1分、熊取谷一星くんのシュートが惜しくもゴール左に外れるも、開始からHondaが仕掛ける展開に。対するVivaceはこのシュートで目が覚めたのか、徐々に試合のペースを戻し始める。

均衡が破れたのは、8分。小塩拳生(げんき)くんがペナルティーエリア付近でDFを引きつけ、右前方のスペースにボールを出す。走り込んだ青島健大くんがドリブルで運び、そのまま右足で強烈なシュート。Vivaceが先制。

後半に入っても、Vivaceは攻撃の手を緩めなかった。7分、10分と立て続けにシュートを放つ。これはHondaの守護神、藤森拓未くんの必死のセーブで追加点を許さない。

しかし、13分。VivaceのCKから、小塩くんの「叩きつけることを意識した」という打点の高いヘディングで突き放した。

試合はこのまま終了。Vivaceの2連覇が決まった瞬間、赤いユニフォームをまとったVivaceの選手たちは芝生を転がり回って喜びを表現した。

これで8月3日から行われる全国大会の切符を手にし、「上位リーグに上がって、全国で優勝を目指したい」と主将の青島くんはじめ、選手たちは新たな目標に向かって走り出した。

■Vivace FC 古杉仁志監督のコメント
夢のようですね。去年の子どもたちが歴史を作ってくれて、今年の子どもたちが連覇を成し遂げました。連覇は難しいことだと思いますが、今の6年生が自分たちなりに「伝統を作ろう」と、がんばってくれた結果だと思います。私はこの子どもたちを4月から見始めたのですが、メンタルの部分や、ボールへの執着心の部分で去年のチームと比べると、まだまだ足りない部分がありました。そこで「120%の気持ちでやらなければダメだ」と厳しく言ってきました。それが、この舞台で1回戦、3回戦、決勝と完封するまで成長しました。その部分では子どもたちをほめてあげたいなと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク