【第38回全日本少年サッカー大会】千葉県大会 決勝フォトレポート&大会結果「柏レイソルが9試合32得点2失点という圧倒的な強さで千葉県大会を制す!!」

2014年06月23日

大会情報

柏レイソルが9試合32得点2失点という圧倒的な強さで千葉県大会を制す!!

2014全少千葉004

(文・写真●菊地正典)

6月22日(日)に日立柏サッカー場で行われた「第38回全日本少年サッカー大会 千葉県大会」は夏見フットボールクラブファイアと柏レイソルU-12が決勝戦を戦い、8-0で柏レイソルU-12が優勝を果たした。

圧巻の強さだった。立ち上がりから柏レイソルU-12がボールを支配し、ボールを失ってもすばやいプレッシャーで奪い返して攻撃を仕掛けていく。小刻みなパスにドリブルを織り交ぜた攻撃に対し、夏見フットボールクラブファイアもGKの好セーブを連発していた関口真哉くんを中心に耐えていたが、9分、CKからゴール前で混戦になると、最後は田村蒼生くんが押し込んで柏レイソルU-12が先制に成功する。

「雰囲気に慣れず、相手の出方を見るようなことはプロでもあること。準決勝はそれに飲まれてしまったけど、決勝は1点入ってから楽になった」。渡辺毅監督の言葉通り、柏レイソルU-12は14分に前田大地くん、15分に近江屋晃輝くん、17分に沖原章仁くん、17分には再び近江屋晃輝くんとわずか3分間で3点を追加し、前半で4点をリードする。

「いつも出ている、出ていない選手を作りたくない」という渡辺監督は後半、GK佐々木雅士くんを除いたフィールドプレイヤー全員を交代。それでも柏レイソルU-12の強さは変わらず、26分に小粥駿くん、34分、40分に大野篤生くんがゴールを決め、大量8ゴールで勝利。9試合32得点2失点という圧倒的な強さで千葉を制した。

優勝してもそれほど喜びを示すことがなかった柏レイソルU-12。大量リードしていたこともあるかもしれないが、「通過点のひとつ」(渡辺監督)という考えも大きいだろう。準決勝、決勝が行われたこの日のうちにマラガ遠征へと旅立った彼らは、決勝大会、さらにその先の数年後を見据えて戦っている。

■柏レイソルU-12 渡辺毅監督のコメント
優勝は嬉しいことですが、このためだけにやっているわけではありません。勝とうが負けようが通過点のひとつ。優勝しても良い内容でなければ評価はされませんし、ウチはジュニアユース、ユース、そしてプロとつながっていくチームなので、良い方向に進むようにしてあげたいです。準決勝が良くはなかったので、決勝の前にはもっとアグレッシブに押し込んで戦おう、コンパクトにして取られても取りに行くサッカーをしようと話しました。後半から代わった選手も含めて、決勝ではみんな頑張ってくれたと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク