【第38回全日本少年サッカー大会】兵庫県大会 決勝フォトレポート&大会結果「拮抗した戦いとなった兵庫県大会。決勝でPK戦に勝利したヴィッセル神戸U-12が全国の切符をつかむ!!」

2014年06月23日

大会情報

拮抗した戦いとなった兵庫県大会。決勝でPK戦に勝利したヴィッセル神戸U-12が全国の切符をつかむ!!

2014全少兵庫005

(文・写真●前田敏勝)

6月21日(土)、みきぼうパークひょうごで、「第38回全日本少年サッカー大会兵庫県大会」のベスト8から決勝戦が行われ、ヴィッセル神戸U-12(以下、V神戸)が2年ぶり4度目となる優勝を果たした。

決勝戦では、V神戸と西宮サッカースクール(以下、西宮SS)が対戦。試合では、9番の阪井鷹斗くん、18番の竹田海翔くんをはじめとする強力なV神戸攻撃陣が、西宮SSを攻め立てるが、序盤のCKからの好機もオフサイドでノーゴールになるなど、チャンスを作りながらゴールが遠い。

一方の西宮SSも、粘り強い守備から少ない決定機を活かそうと試みるが、こちらも、今大会無失点を誇るV神戸守備陣の壁を崩すことができない。互いにこの日3試合目ということもあって、疲労の色も濃くなり、次第にサバイバルの様相を見せるが、延長戦でも決着はつかず。勝負はPK戦に委ねられることになった。

PK戦では先攻の西宮SSが、1人目で外し、2人目はV神戸GK宮本規央くんにストップされたのに対して、V神戸は2人が連続で決めて、結局PK戦2-0としたV神戸が激闘を制した。

「みんなが集中を切らさずに戦ったから、勝利がつかめた」というのは、V神戸キャプテンの2番佐々木謙心くん。技術が高く、攻守にアグレッシブなV神戸のサッカーで、初の日本一を狙いに行く。

■ヴィッセル神戸U-12 中西功コーチ(6年生担当監督)のコメント
優勝できて、選手たちには感謝の気持ちでいっぱいです。決勝が難しい試合になることも、最初から分かっていました。決勝戦の内容には満足していませんが、結果には満足しています。PKもトレーニングをずっとしてきましたし、PKも技術の勝負だと、ずっと言い続けてきました。優勝は、試合前の準備に尽きる結果だと思っています。全国の強豪と試合をするのは、すごく楽しみですが、全国大会の真剣勝負の場でも、ヴィッセルらしい攻撃的なサッカーを発揮したいと思っています。1つでも上の順位に行けるように、またトレーニングしていきたいです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク