【第38回全日本少年サッカー大会】熊本県大会 決勝フォトレポート&大会結果「ブレイズ熊本ジュニアが、ソレッソ熊本U-12Vの5連覇を阻止して、9年ぶりの全国へ!」

2014年06月23日

大会情報

ブレイズ熊本ジュニアが、ソレッソ熊本U-12Vの5連覇を阻止して、9年ぶりの全国へ!

2014全少熊本002

(文・写真●井芹貴志)

6月22日(日)、熊本市東区のパークドーム熊本で「第38回全日本少年サッカー大会 熊本県大会」の準決勝、3位決定戦、決勝までが行われた。

決勝は、5連覇を狙うソレッソ熊本U-12V(以下、ソレッソ熊本)と、9年ぶり4回目の優勝を目指すブレイズ熊本ジュニア(以下、ブレイズ熊本)の対戦。

序盤から、相手の最終ラインの背後を狙った配球で押し込んだのはブレイズ熊本。だが4分、ペナルティエリア外で得たフリーキックは、右のポストを直撃して先制とはならず。すると、ゲームは徐々にソレッソ熊本がペースをつかんでいく。しかしブレイズ熊本はGKの1番藤本純弥くん、DFの10番川田啓介くんを中心に堅い守りでしのぎ、前半は0-0で折り返した。

後半もソレッソ熊本のペースは変わらず、22分には左サイドで残した11番の川西翼くんが角度のない位置からファーサイドを鋭いミドルで狙うが、これもGK藤本純弥くんがファインセーブ。ソレッソ熊本は、29分に前線の選手を入れ替えてさらに押し込み、32分、33分と立て続けにチャンスを作るが決まらず。逆にブレイズ熊本は36分、左サイドでスルーパスを受けた12番福田大耀くんが決め、遂に先制に成功した。

リードを許したソレッソ熊本は終了間際、8番坂本一彩くんのシュートがネットを揺らしたが、これはオフサイドで同点にはならず。このまま逃げ切ったブレイズ熊本が9年ぶりに熊本県大会を制し、全国大会に駒を進めた。

■ブレイズ熊本ジュニア 野元恒兵監督のコメント
苦しい展開の決勝戦になりましたが、選手たちがよく頑張ってくれたと思います。相手のソレッソさんが連覇を狙っていることは分かっていましたが、対戦相手がどうこうということではなく、自分たちが何をしないといけないのかを選手たちが理解してくれたことが、勝利につながった要因だと感じています。全国大会では日本一を目指しますが、魅力あるサッカー、見てくださる方に感動を与えられるようなサッカーをしたいと思っています。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク