【第38回全日本少年サッカー大会】大阪府大会 決勝フォトレポート&大会結果「昨年の王者を破り、セレッソ大阪U-12が優勝を果たす!」

2014年06月23日

大会情報

昨年の王者を破り、セレッソ大阪U-12が優勝を果たす!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(文・写真●貞永晃二)

6月22日(日)、J-GREEN堺S12ピッチにおいて、「第38回全日本少年サッカー大会 大阪府大会」の準決勝と決勝が行われた。雨中の準決勝の結果、決勝はセレッソ大阪U-12(以下、セレッソ)と昨年度の王者、大阪市ジュネッスFC1st(以下、ジュネッス)との対戦となった。

雨上がりのピッチ、試合開始早々ジュネッス24番田中大智くんのフリーキックがバーを叩く。ヒヤリとさせられたセレッソは持ち前の技術でボールをキープし、ピッチを広く使って攻撃に出る。そして9分、「山口蛍選手が目標」という7番阪井暖くんのゴールでセレッソが先制する。さらに23番吉田有志くんの強烈なシュートがジュネッスゴールを襲う。ジュネッスも丁寧にパスをつなぎ反撃するが、2度のフリーキックのチャンスを決められない。

後半5分、セレッソに貴重な追加点。23番吉田くんのラストパスを10番松田龍治くんが蹴り込んだ。これで試合を完全に支配したセレッソは、吉田有くん、8番川上航立くんが次々と相手ゴールを脅かし時計は進んでいく。そして、吉田有くんが16分、19分と豪快な連続ゴールで勝利を確実にする。そして、タイムアップを迎え、セレッソが大阪326チームの頂点に立った。

■セレッソ大阪U-12 大谷武文監督のコメント
ボールを大事にしっかりと動かしながらゴールを目指し、そして個人の質を上げることを大事にしてやってきました。まずは大阪で優勝することを目標にやってきましたが、ロングボールや大きな選手にただ集めるのではなくて、どこからでも得点できて、どんな攻撃にも守備を崩されずに失点しないことをこれから高めていきたいです。ただ目標は日本一を目指しています。全国の強豪を相手にセレッソのサッカーがどれだけ通用するか、大阪の良さをアピールしたいです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク