【第38回全日本少年サッカー大会】香川県大会 決勝フォトレポート&大会結果「集中を切らさず戦い抜いた、丸亀フットボールクラブが2年ぶり6度目の全国行きを決める!」

2014年06月24日

大会情報

集中を切らさず戦い抜いた、丸亀フットボールクラブが2年ぶり6度目の全国行きを決める!

140622決勝-丸亀対小山

(文・写真●森田将義)

6月22日(日)に香川県営サッカー・ラグビー場で行われた「第38回全日本少年サッカー大会 香川県大会」の決勝は小山FC(R)(以下、小山)と丸亀フットボールクラブ(以下、丸亀)が対戦した。
 
ディフェンスラインからの丁寧なボール回しで序盤から主導権を握った丸亀だったが、「前半は相手ディフェンス裏のスペースが無くて、苦戦した」(山下公紹監督)と相手陣内まで切り込むものの、ゴール前を固める小山の守備を崩せない。それでも、9分には中盤でボールを持った小野舜くんからのスルーパスから、オーバーラップしてきた岩部健太郎くんがシュートを狙うなど果敢にゴールを狙う。

対する小山も、後半2分に右サイドでボールを奪った栗田倖成くんが、すばやく前線の市原光晴くんへと展開。市原くんがペナルティエリア右外に落としたボールを栗田くんがシュートしたが、丸亀のゴールキーパー三谷幸記くんに阻まれる。

試合が動いたのは後半6分。右サイドでインターセプトした岩部くんが左前方のスペースにスルーパスを入れると、藤井大翔くんが反応。「角度が無かったので、思い切って蹴った」というシュートが右隅に突き刺さり、先制する。13分にも「最近、ノビノビとプレーしている」(山下監督)という岩部くんが相手陣内への攻め上がりからミドルシュートを叩き込んで2点目をゲット。残り時間も集中を切らさず戦いきった丸亀が2対0で勝利し、2年ぶり6度目の全国行きを決めた。

■丸亀フットボールクラブ 山下公紹監督のコメント
この子たちは昨年4月くらいからずっと勝てていませんでした。勝たせてあげるためにはどうすれば良いかを考え、調子の良い選手や相手に応じてスタメンを変えるなど競争を高めた結果、勝ちに対する意識が出てきました。ついてきてくれた選手たちに返してやるのは、この場で優勝するしかないと思っていたので、結果が出て安心しました。今年はレベルの高かった2年前のチームのように良い成績を残せるか分かりませんが、1か月また鍛え直して、まずは初戦に勝ちたいです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク