【第38回全日本少年サッカー大会】山梨県大会 決勝フォトレポート&大会結果「4年連続同カードの決勝は、ヴァンフォーレ甲府が3-0で勝利し、2年連続2度目の全国切符をつかむ」

2014年06月24日

大会情報

4年連続同カードの決勝は、ヴァンフォーレ甲府が3-0で勝利し、2年連続2度目の全国切符をつかむ

2014全少山梨002

(文・写真●編集部)

6月22日(日)、山梨県・小瀬スポーツ公園補助競技場で「全日本少年サッカー大会 山梨県大会」の決勝戦が行われ、ヴァンフォーレ甲府U-12(以下、ヴァンフォーレ)がUスポーツクラブ(Uスポーツ)を3-0で下し、2年連続2度目の決勝大会出場を決めた。

4年連続での同じカードとなった決勝戦。昨年のこの大会では、ヴァンフォーレが初の優勝を遂げたが、今年2月に行われたチビリンピック山梨県大会ではUスポーツがヴァンフォーレにPK戦で勝利し、優勝を果たしている。

互いによく知るチーム同士の対決は11時半にキックオフ。序盤攻勢に出たのは、Uスポーツクラブ。個々の能力を生かし、前線へと攻撃を仕掛けていく。しかし、決定機には至らず。すると前半開始から10分に差し掛かったところで、ヴァンフォーレがボールをポゼッションしながら、Uスポーツ陣内へ攻め入る。最後は中央でパスを受けた8番・五十嵐琉偉くんがミドルシュート。GKがわずかに触り、ゴールポストに阻まれたものの、このシュートで終わった形から、徐々にヴァンフォーレがリズムを作り出す。

そして前半13分、左サイドでオーバーラップしてボールを受けたヴァンフォーレ5番・近藤大暉くんのクロスが直接ゴールに吸い込まれる。「クロスをあげたつもりだったので、たまたまでした」と試合後に話した近藤くんであったが、この日はチーム一の活躍ともいえるプレーを何度も見せていた。本人が憧れている日本代表・長友佑都選手のように、左サイドを縦横無尽に走ってチャンスをつくった近藤くんは、1-0のスコアのまま折り返した後半でも、10番・白倉嵩大くんとのコンビネーションから、左サイドを駆け上がりチャンスを演出。DFを一人かわして放たれたシュートはGKが懸命にはじくものの、そのこぼれ球を9番・石原和磨くんが押し込み、ヴァンフォーレが追加点をあげる。

2点リードを許したUスポーツも何とか反撃に出ようと突破を試みるが、ヴァンフォーレの集中した守備陣が立ちはだかる。そして後半14分、UスポーツのDFラインの裏へ抜け出た白倉くんが勝利を決定づける3点目をあげる。Uスポーツも最後まであきらめない姿勢で戦いぬいたが、試合はこのまま3-0でタイムアップ。ヴァンフォーレが山梨県大会のチャンピオンに輝いた。チビリンピックの雪辱を果たしたヴァンフォーレは、昨年の決勝大会ではベスト8で涙をのんだ。今年は、その結果を上回る成績を目指して、決勝大会に挑む。

■ヴァンフォーレ甲府U-12 西川陽介監督のコメント
Uスポーツクラブの素晴らしい選手をどう抑えるかが一つ鍵でしたが、守りに偏るのではなく、しっかり攻めにいって、その選手たちに“プレーをさせない”ことができたのが大きかったです。また攻撃面では、シュートで終わろうとする意識を最後まで貫いてくれたことが良かったと思います。去年はベスト8で敗退したので、その結果を一つでも上回れるよう、全国大会へ向けて準備していきたいと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク