【第38回全日本少年サッカー大会】秋田県大会 決勝フォトレポート&大会結果「GKを起点とした攻撃で勝利した、比内サッカースポーツ少年団が初優勝を果たす!」

2014年06月30日

大会情報

GKを起点とした攻撃で勝利した、比内サッカースポーツ少年団が初優勝を果たす!

2014全少秋田試合写真5

(文・写真●小林健志)

6月29日(日)、西目カントリーパークサッカー場にて「第38回全日本少年サッカー大会 秋田県大会」の3位決定戦、決勝が行われた。

決勝に進出したのはともに今大会初優勝を目指す「比内サッカースポーツ少年団」(以下、比内)と「FC角館セレジェスタ」(以下、角館)の2チームとなった。

試合の立ち上がりは角館が攻勢だったが、比内はGK木次谷和くんが頭上のボールをパンチングするなど小学生年代としては難しいセービングを連発し、ピンチを防いだ。

木次谷くんは攻撃の起点としても活躍。高い身体能力を誇る木次谷くんのゴールキックは相手ゴール前まで飛ぶので、ゴールキックがそのまま決定機につながった。

0-0で折り返した後半5分。比内は木次谷くんのゴールキックのこぼれ球を千葉柊斗くんがひろい、パスを受けた途中出場のFW畠山聖輝くんがシュートを決めて先制。木次谷くんのゴールキックが得点の起点となった。

さらに後半11分相手DFのバックパスを奪った畠山くんが再びシュートを決めて貴重な追加点。角館の反撃を封じた比内が2-0で初優勝した。

途中出場ながら2得点を挙げた畠山くんも見事だったが、GKながら攻撃でも存在感を見せ、客席を沸かせた木次谷くんの活躍が光った。

■比内サッカースポーツ少年団杉沢英紀監督のコメント
お互いが攻め合う拮抗した展開になると思いましたので、自分たちのプレーができるようみんなで声を出そうと話をしました。パスだけでなくドリブルも織り交ぜ、相手がわかりづらいプレーを心がけさせました。今日は攻められている場面でもみんなで声を掛け合って無失点に抑えたのが良かったと思います。GK木次谷くんは身長も伸び、キック力がつきました。ゴールキックを攻撃の起点とする展開は選手たちが話し合って決めたのだと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク