【第38回全日本少年サッカー大会】決勝大会 ジュニサカ取材日記②「ブラジルワールドカップで見た選手たちに憧れて!」

2014年08月04日

大会情報

ブラジルワールドカップで見た選手たちに憧れて!

(文・写真●平野貴也 写真●佐藤博之)

 ジュニアサッカーの祭典、全日本少年サッカー大会が今年も開幕しました。会場は、好天ならば富士山を望むことができる静岡県の裾野グラウンド。3日に時之栖で開会式を終え、きょう4日は、4チームずつ12組に分かれて総当たり戦を行う1次ラウンドが始まりました。

 出場しているのは、ブラジルワールドカップが行われていた初夏に都道府県大会を勝ち抜いたチーム。自分たちの戦いをしながら、横目に世界のスターの競演を見て刺激を受けてきました。プレーや言葉の節々に、その影響が見て取れます。

140804全少取材日記001

 ファナティコス(群馬)の吉原唯人君は、FWらしく得点王になったハメス・ロドリゲス(コロンビア)やリオネル・メッシ(アルゼンチン)に目を奪われたそうです。「ロドリゲスは、ちゃんとゴールを見て狙ったところに蹴っていた。メッシは、ゴールの隅にパスをするようにシュートを打っていた。今までは結構思い切り蹴っていたので、すぐに真似をして練習した」と話してくれました。

140804全少取材日記002

 スター選手に見惚れて、新たな特徴を獲得しようとしている選手もいます。田宮ビクトリーサッカー少年団(徳島県)のFW近藤蔵波君は、第2戦の平章SSS(福井県)戦でハットトリック。「ケーヒル(オーストラリア)とかを見て、自分に足りないヘディングも練習するようになった」と言うとおり、右利きですが、PK以外に左足で1点、ヘディングで1点と利き足以外でゴールを奪うなどプレーの幅の広さが目立ちました。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク