【高円宮杯第27回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会】決勝レポート

2015年12月30日

大会情報

ライバル同士の熾烈な争いはセレッソに軍配

(文・写真●松尾祐希)

151228高円宮U-15_006

 中学生年代の王者を決する高円宮杯全日本(U-15)サッカー選手権大会の決勝が、28日に東京都の味の素フィールド西が丘で行われた。今大会のファイナルへと勝ち進んだのは、C大阪U-15とG大阪ジュニアユースの大阪勢。

「絶対に勝ちたい」。

 選手たちが揃って決意を口にしたように、両者にとって大阪ダービーは特別な一戦でもある。決勝戦の緊張感とダービーへのプライド。2つの想いが混じり合う熱戦は、最後まで目が離せない展開となった。

 プレッシャーの掛かる大一番で先に流れを掴んだのはC大阪。「(ダブルボランチの)彼らは本当に技術が高くて上手い。テンポを与えてしまうと間を使われてしまう」と大畑開監督が話したように、中盤からのプレッシングで試合の主導権を引き寄せる。前半18分にはMF谷本駿介が高い位置でボールを奪取すると、MF鈴木冬一が左足でネットを揺らしてみせた。前半終了間際の同39分にはMF根木洸希の左CKから、DF西尾隆矢が右足で追加点。終始、試合のペースを握ったC大阪が最高の出来で前半を折り返した。

「後半はもったいなかった」と大畑監督が振り返るように、ハーフタイムを終えると様相は一変。「ハーフタイムの選手たちは凄く静かだった」(鴨川幸司監督)というG大阪が、後半4分に足立翼のループシュートで1点を返すと試合の流れを奪還。MF岩本翔とMF奥野耕平を中心に試合を支配し、背後のスペースを使って好機を作り出す。

 しかし、焦りの色が見えるG大阪はなかなか得点を奪えない。それでも万事休すかと思った同40+3分。DF岡治秀明が中へとボールを入れると、こぼれ球に反応したMF食野壮磨が起死回生の同点弾。土壇場でG大阪が試合を振り出しに戻し、延長戦へと持ち込んだ。

 迎えた延長戦は双方ともに疲労の色が濃くなり、足が止まる場面が多くなっていく。その中で、好機を先にモノにしたのはC大阪だった。延長後半2分に鈴木が右サイドを打開すると、ゴール前へとラストパス。これをMF奥村仁が右足で沈め決勝弾。残り時間も耐え抜いたC大阪が黄金世代と称される底力を見せ、悲願の初優勝を飾った。

151228高円宮U-15_009

 試合後にはC大阪の鈴木とG大阪・GK谷晃生が抱擁を交わすなど、互いの健闘を讃えた今回の大阪ダービー。来年度から3年生たちは舞台をプレミアリーグWESTに移すが、ライバル同士の物語はこれからも続く。1点の重みを知った選手たちが、どのような成長曲線を描くのか。今後の飛躍に期待をしたい。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク