フットサル専門クラブDELMIGLIORE/CLOUD群馬U-12、バーモントカップ群馬県大会を初制覇!

2016年06月28日

バーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会

DELMIGLIORE/CLOUD群馬U-12が群馬県大会を初制覇!!

6月26日(日)、渋川市総合公園体育館にて「バーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会群馬県大会」の決勝があり、DELMIGLIORE/CLOUD群馬U-12(以下、DELMIGLIORE)が前橋エコークラブ(以下、前橋エコー)に8―4で勝ち、初の全国決勝大会出場を決めた。

015

文・写真●山本浩之

 DELMIGLIOREは、ダイナミックなプレースタイルが特徴のチーム。先制点も開始直後にPIVOの10番・西田ニコラスくんが迫力のあるドリブルで持ち込んで決めたもの。2点目となった13番・中島音和くんのフリーキックもミドルレンジからの威力のあるシュートだった。

 とにかくシュートを放つタイミングの早いチームで、どの位置からでもシュートコースがあったら、すかさずゴールに向かって打ち込んでいた印象を受けた。また、守っても、全力でボールを追いかけて、前橋エコーのカウンターを阻止。前半は、西田くんと中島くんが2点ずつゴールを奪い4-1で終えた。

 後半になると、DELMIGLIOREは、またしても西田くんがゴールして5-1とするなど貪欲にゴールを狙う姿勢は変わらないのだが、リズムをつかむことができず、前橋エコーがボールを持つ時間が長くなると、立て続けに3失点してしまい1点差にまで詰め寄られてしまった。このときの様子をDELMIGLIOREの須崎監督は、こう振り返る。

「後半は、『まだ0対0のつもりで行け』と選手を送り出しました。でも、立ち上がりから相手のペースになることも、ある程度は予想していたことです。試合のなかには波があるので、良いときも悪いときもあるものです。この試合のポイントになったのは、5対4になったときにも慌てずに落ち着いて1点取れたことですね」

 須崎監督の言う「ポイントとなった1点」とは、中島くんのミドルシュートだった。確かに、この1点によってDELMIGLIOREは息を吹き返した。直後に前橋エコーにフリーキックとコーナーキックを与えてしまうが凌ぎきると、西田くんのカウンターが決まり7-4。さらにベンチからの「全力で!」との言葉に応えるように11番・篠原翔旺くんがゴールネットを揺らし、再びリードを広げると、結局8-4でタイムアップ。DELMIGLIOREが全国決勝大会への切符を手にした。

 決勝で4得点をあげた西田くんは「もちろん優勝はうれしいですけど、みんなで頑張り抜けたことが一番大切だと思いました!」と笑顔を見せた。そして、DELMIGLIOREの選手たちが集まってきたところでも話を聞いてみると、夏休みに楽しみにしていることは「全国(決勝)大会しかありません!」と元気のいい声が全員から返ってきた。力強く全力でボールを追いかけるプレーが魅力のDELMIGLIORE。真夏の全国の舞台では、果たしてどんなプレーを見せてくれるのだろうか、楽しみに待ちたい。

■優勝 DELMIGLIORE/CLOUD群馬U-12 須崎充樹監督のコメント
うちはトップチームのあるフットサル専門のクラブです。しっかりとディフェンスをして相手にプレッシャーをかけて、セットプレーで得点を取れるようなチームです。決勝の相手、前橋エコーには上手い選手が多いので、守ったら負けると思っていました。得点差が開いても勝ちきれるとは思っていなかったので、選手たちには「よりアグレッシブに行くように」と伝えました。全国決勝大会ですが、選手たちには楽しむというよりは、チャレンジする場にしてもらいたいですね。自分たちが(全国の相手と対して)どこまで通用するのかということに挑戦してもらいたいです。チャレンジすることによって成長していくのだと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク