初の全国で堂々連勝スタート!“ 長寿日本一の村”から出場する長野県代表・ボニートンジュニアFCの挑戦/バーモントカップ取材レポート【3】

2016年08月13日

バーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会

昨日開幕したバーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会。まもなく2日目を迎えます。

出場チームには、Jリーグの育成組織や全国大会常連の強豪サッカークラブが名を連ねるなか、初の全国の舞台で、堂々とした姿を見せてくれたのは長野県代表・ボニートンジュニアFC。昨年全国ベスト4のともぞうSC(栃木県代表)、北島FC(徳島県)を下し、2連勝スタートを切っています。

ボニートンジュニアFCは、長野県北安曇野郡松川村を拠点に活動しているチーム。村の総人口数は9800人ほどで、ボニートンジュニアFCには1〜6年生までおよそ30名の選手が所属しています。

松川村は『男性長寿日本一の村』として知られており、「りんごがよく採れて、緑が豊かな場所」だと、チームで7番を背負う二木楓くんは教えてくれました。

160812取材レポ301
【2戦目・北島FCに見事な逆転勝利に貢献したボニートンジュニアFC7番・二木楓くん】

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク