「軽い」と言われる選手は重心移動ができていない!? 守備力向上のヒントを探る

2016年09月28日

コラム

守備と重心移動は密接に関わっている。日本でよく見かける重心移動は足に負担がかかるやり方をしていることが多いそうだ。ポイントは進みたい方向の足から1歩目を力強く刻むこと。「決して進みたい方向とは逆足で踏ん張り、勢いをつけない」。著書に『重心移動だけでサッカーは10倍上手くなる』があるフットボールスタイリスト鬼木祐輔氏の言葉に耳を傾けます。

(構成●木之下潤 イラスト●中山けーしょー 写真●Getty Images)

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.41』より転載


「軽い」と言われる選手は重心移動ができていない!

 よくサッカーで「プレーが軽い」「守備が軽い」という表現を使います。それは体全体でプレーせず、足先だけでプレーしていることを指しています。体の動きとして読み解くと「きちんと重心移動を行わず、片側(片足)に重心を残した状態でプレーしている」ということです。

 体から足が離れていくように足を動かすと片足に重心が残ってしまいます。スムーズな大股歩きのように出した足に常に重心が移動するように体を運んでいれば、軽いプレーにはならないでしょう。

 そもそも片足立ちの状態だと、体の大小に関係なく、強く押されたら耐え続けるのは困難です。そのような状態でボールをキープしたり、ボールを奪うのはなかなか難しい。少し噛み砕くと、ボールキープやボールを奪うために片足を動かし過ぎると片足に重心を残った状態(片足立ち)になり、プレーが軽くなります。そうならないためには、動く方向に重心が移っていないと相手の力をはねのけられません。

 攻撃も守備も1対1という観点では、ボールを中心に、どちらの選手にとって有利な距離なのかということが重要です。つまり、攻撃側が守備を交わすことも、守備側がボールを奪うことも、重心移動の延長線上での勝負になると捉えられます。私は動く時に勝手に次の足が出てくる歩幅を『ドーナツ』と呼んでいます。そこにボールが来るように素早く動くことが大事なのです。だから、体とボールとの関係において攻守は関係ありません。

 次の足が勝手に出てくる歩幅=ドーナツを知り、よりボールに素早く触ることができれば、相手より優位に立てるという考え方です。 もちろん、サッカーは選択肢があるから戦術的な判断が絡み、その速度は問われます。ただ単純にボールを奪い合う1対1という視点で物事を見れば、スムーズな重心移動を連続かつ素早く行うことが勝負の鍵を握っているのです。

LIMA, PERU - OCTOBER 13:  Christian Cueva (L) of Peru struggles for the ball with Arturo Vidal (R) of Chile during a match between Peru and Chile as part of FIFA 2018 World Cup Qualifier at Nacional Stadium on October 13, 2015 in Lima, Peru. (Photo by Raul Sifuentes/LatinContent/Getty Images)
【ビダル(バイエルン・ミュンヘン)など重心移動がスムーズな選手は守備力が高い】

カテゴリ別新着記事

お知らせ



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク