骨を太くするのはカルシウムだけじゃない!! 主菜を食べる習慣を身につけて丈夫な体に

2017年09月01日

食育

DSC_0648のコピー
(写真●ジュニサカ編集部)

骨を太く、丈夫にして体の基礎を作りたい!!

 強い体づくりに骨を丈夫にすることも大切です。骨の成長には、成長ホルモンが大きく関わっています。食事も大切ですが、早めに寝る、同じ時間に起きるなど、規則正しい生活を送ることも心がけましょう。

 食事では骨の材料となるタンパク質とカルシウムの摂取がポイントとなります。骨=カルシウムというイメージがありますが タンパク質も骨の材料となります。普段の食事では毎食主菜(肉、卵、魚、大豆製品 など)を食べる習慣をつけましょう。

■骨を丈夫にするために摂りたい栄養素
タンパク質、カルシウム、ビタミンD、クエン酸

■レシピの活用法
 カルシウムは吸収されにくい栄養素。特に小魚や野菜に含まれるカルシウムは吸収されにくいので吸収を促す栄養素(ビタミン D、クエン酸)と一緒に摂ることがポイントです。ビタミンDはきのこ類に多いのでみそ 汁や炒め物にきのこを加えたり、クエン酸が含まれる酢を料理に使うようにしましょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク