Jクラブのサッカー進路を探る。サガン鳥栖はセレクションのとき、どこを見て、何を重要視している?

2018年09月16日

進路選択

昨年、日本クラブユースサッカー選手権大会、高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会の夏冬二冠を達成したサガン鳥栖ジュニアユース。そのジュニアユースはどんな考えを持ってジュニアを受け入れ、ユースへと羽ばたかせているのか。

取材・文●木之下潤 写真●山本浩之、松尾祐希、佐藤博之、深川成一郎

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.48』より一部転載


f22c866fe0a567e2ed74add06c5cf61a

九州各地から選手が集まってくる

(2018年)1月25日、サガン鳥栖はアヤックスとアヤックス・コーチングアカデミー (以下、ACA)と3年間のパートナーシップを結んだことを発表した。オランダの名門のサポートを受け、育成アカデミーのシステム、指導者と選手のレベルアップを行うという。

 サガン鳥栖は2015年よりユース(U-18)が全寮制になり、その近くにある天然芝と人工芝のグラウンドをはじめ、プールやトレーニング施設を完備した佐賀市健康運動センターを練習場として使用しており、育成型クラブへの動きを本格化している。
 
 さらに、昨シーズンは6年ぶりにアカデミー出身の選手がトップチームに昇格し、しかもクラブ史上初の2選手を輩出した。2012年シーズンのJ1昇格以降、九州でその地位を守り続けているクラブは、どんな考えを持って選手たちを育成しているのか。

「昨季、トップと契約した石川啓人、田川亨介はユース専用の寮生としては一期生になります。私たちは選手を育成するアカデミーについて他のJクラブの中でかなり遅れをとっていたと思うので、その足りない部分が少しずつ形になってきたと感じています」。
 
 そう語ったのは、ジュニアユース(U-15)の田中智宗監督だ。昨年は、チームを日本クラブユースサッカー選手権大会、高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会で優勝に導いた。
 
 Jクラブはそれぞれ根づく地域のタレントを預かる身になることが多いが、サガン鳥栖ジュニアユースも例外ではない。佐賀を中心に、福岡や熊本など各地の選手たちが集まってくる。

「ジュニアユースの選手については親元で過ごすのが基本です。ただ今回取材してもらったキャプテンの中村尚輝(4ページ目)は稀なケースです。入る前に話し合い、お母さんと一緒に熊本から鳥栖に引っ越し、こちらで暮らしてもらうことで合意しました」。

6cb00055a9491498f82873f525bd83f7

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク