身長は「遺伝」なのか?子どもの背を伸ばす「2つ」の要素

2018年10月06日

フィジカル

身長はすべて遺伝できまるわけではありません。身長を伸ばすためには日々の生活習慣が重要になってきます。成長期である子どもの背を伸ばすためにはどうしたらいいのでしょうか? 加藤晴康先生(立教大学 スポーツウエルネス学科 教授)が医学的観点からお答えしていきます。

再構成●ジュニサカ編集部 著●加藤晴康 写真●佐藤博之、ジュニサカ編集部

幼児・小学生のための身長をグングン伸ばすための本』から一部転載


Q. 背が伸びるために必要な要素は何ですか?


豎コ蜍昴Ξ繧キ繧吶せ繧ソv繝輔か繝ォ繝医ぇ繝・騾溷ア蛻・20170918蜑肴ゥ・59

回答
睡眠と栄養、それにつきます。

夜には細胞分裂のスイッチをオンにする準備を

 背を伸ばすために必要なのは、睡眠と栄養です。一般的に言われていることですが、その二つにつきるでしょう。とくに大切なのは睡眠です。しっかりと睡眠をとれば、熟睡中に多量に「成長ホルモン」が分泌されます。これは成長期に骨を伸ばすための大切なホルモン。軟骨に働きかけて骨にして成長させ、背を伸ばします。この成長ホルモンは夜間の熟睡中、一定の決まった時間になるとたくさん分泌されます。いつ寝るか、どれだけ寝るかで分泌量が大きく変わってくるのです。
 
 なぜ、成長ホルモンは、深夜にたくさんの量が分泌されるのでしょうか?
 
 皆さんの中には、日中より夜間に体の痛みを感じたり、具合の悪いところに敏感になったりする現象を経験したことがあると思います。つまり人体では、夜間の、成長ホルモンが分泌されている間に、さかんに細胞分裂が起こっているのです。そして、熟睡中に骨を伸ばしたり、傷の修復を行っています。
 
 なぜ、夜間なのか。それにはこんな説があります。

 細胞分裂では、細胞内の遺伝子がコピーされて増えていきます。遺伝子のコピー時にはどうしても遺伝子に傷がつきやすいという問題があります。そのため、細胞分裂はできるだけ守られた状態で作業を行いたい。日中は、紫外線や宇宙線などの影響があります。紫外線などの光は、人にとって必要である反面、遺伝子を傷つける可能性もあるもの。だから、細胞分裂はそれらを完全にシャットアウトできる深夜を選んで行われている……。一説ですが、かなり説得力のある話だと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク