「ガラスの天才」比嘉厚平。指導者になった今、何をおもうのか

2018年10月12日

育成を考える

比嘉厚平というサッカー選手をご存知だろうか。中学、高校時代に同年代の選手から「天才」と評された男。しかし、彼は柏レイソルの生え抜きとして将来を嘱望されながら、 一度の大ケガが致命傷となりスパイクを脱いだ「ガラスの天才」でもあった。今回はそんな比嘉厚平のストーリーを紹介していく。

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.48』より転載

取材・文●鈴木康浩 写真●ジュニサカ編集部、Getty Images 写真提供●柏レイソル


比嘉厚平
【柏レイソルU-18時代の比嘉(写真提供●柏レイソル)】

「比嘉は俺らの代で1番の選手」

 比嘉厚平――。
 
 彼が2016年末をもって引退を発表したとき、齋藤学(川崎フロンターレ)は「比嘉は俺らの代で1番の選手」と話した。比嘉を含むプロ9人を輩出した柏レイソルU-18黄金世代の同期の酒井宏樹(マルセイユ)は「中学のとき、FWだった自分のポジションが変わっていったのは同じFWに比嘉がいたから」と明かしている。
 
 中学時代や高校時代に天才と評価された比嘉は、しかし、一方で「ガラスの天才」と形容されることがあった。ケガにより現役を諦める選手が多数いるなか、比嘉もまたケガに泣かされ、現役を終えた。そして彼には、あのときこうしておけば、という後悔があった。後の世代への教訓となるメッセージがあった。今回は、その知られざる苦悩に迫ってみたい。
 
 生まれは埼玉県。当時、浦和レッズがホームスタジアムとして使用した駒場スタジアムがすぐそこにあった。

「サッカーの入り口はレッズでした。駒場スタジアムの熱狂的な応援が本当にすごかった。当時、自分もサポーターになりたくて、ゴール裏で選手たちを鼓舞する応援団長のようなものをやってみたかったんです」
 
 自宅ではレッズのVHSビデオのプレー集を擦り切れるほど見て、庭で一人ボール遊びに興じるような少年だった。自然と近くのスポーツ少年団に入り、ほどなくして柏レイソルのジュニアチームのセレクションを受ける。

「すでにレイソルに入っていた同学年の選手たちとゲームをやる、というのがセレクションの一環だったんですが、相手は身体が大きいし、スピードもパワーも全然違う。何にもできずに、こんな人たちがいるのか、と衝撃を受けたんです」
 
 地元の少年団では“一人で何でもこなす”エースだった比嘉が初めて上には上がいると突きつけられる出来事だった。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク