「筋トレをすると背が伸びなくなくなる」「牛乳を飲むと背が伸びる」はホントか?

2018年12月02日

フィジカル

「筋トレをすると背が伸びなくなくなる…」「牛乳を飲むと背が伸びる…」という迷信を聞いたことはありませんか? その迷信は真実なのでしょうか…。加藤晴康先生(立教大学 スポーツウエルネス学科 教授)が医科学的な観点からお答えしていきます。

幼児・小学生のための身長をグングン伸ばすための本』から一部転載

再構成●ジュニサカ編集部 著●加藤晴康 写真●ジュニサカ編集部


23繝・y繧」繧「鬮倡伐v繝輔か繝ォ繝医ぇ繝・20171226_1311


Q.筋トレすると、背が伸びなくなる?


回答
気にせずにトレーニングしてOKです。

 筋トレをすると背が伸びなくなる、とはよく言われることです。しかし、医科学的には、筋トレをしたから身長の伸びが抑えられたという言説にはまったく根拠がありません。統計学的な検討をされたデータも一切ありません。
 
 体質によって、筋肉がつきやすいタイプとつきにくいタイプはあります。でも、筋肉がつきやすいタイプの人のほうが背は伸びないのかというと、そのようなデータもまったくありません。筋肉が発達していて背の小さい人の場合、背が高くて筋肉のある人より世間的に少々目立つということがあるのでしょう。
 
 私自身が関わっているサッカーの現場で言うと、現在では筋トレで鍛えるといっても、昔のようなムチムチの筋肉を作ろうという考え方はありません。見た目はほっそりしているけれど、体幹の筋肉はしっかりあり、ボディバランスはいい、という状態が理想とされています。しっかりトレーニングしたとしても、ボディビルダーのような筋肉がつくということはありません。今では、若いうちから筋力トレーニングに励んでいる選手が多いです。
 
 なんとなく、筋肉がガッチリしていると、抑え込まれて背の伸びを阻害してしまうような印象があるのでしょう。しかし、身長を規定するのは、成長軟骨の増殖です。筋肉によって圧力がかかることにより、成長軟骨の働きが悪くなるかというと、そんなことはありません。

 むしろ、筋肉が多いということは血流が多くなるということですから、細胞の働きを活性化させます。成長軟骨の増殖も促進されます。つまり、成長において、筋肉が発達することにネガティブな要因は見当たりません。
 
 加えて、筋肉はかなり伸びるものです。これだけよく伸びる筋肉が、年間数センチずつ成長する骨を抑え
込み、成長を制限するとは考えにくい。通説をあまり気にせずにトレーニングすべきでしょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク