日本に蔓延する「完璧主義」の幻想は子どもの頃から始まっている【サッカー外から学ぶ】

2018年12月13日

コラム

日本に蔓延する「完璧主義」。ジュニアサッカーの現場でも“目先の結果”だけを追い求める、ミスをした子どもたちに怒号をとばす、そんな指導者は少なくない。常に大人たちは子どもたちに「完璧」を求める。それはサッカーの現場だけに限ったことではない。学校生活でも日常生活でも同じことが言える。こうした日本社会に蔓延している「完璧主義」はどうなくしていけばいいのだろうか?『世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる』の著者であり、幼稚園「First Classroom」の園長を務める橋井健司氏の言葉から日本で行われている「人間」の教育や育成について考えていく。

【連載】「サッカーを“サッカー外”から学ぶ重要性」

企画・文●大塚一樹 写真●Getty Images、佐藤博之


【序文】今、指導者に何が求められているのか?サッカーを“サッカー外”から学ぶ重要性


日本人の「弱さ」とは?

 橋井さんの著書『世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる~』は冒頭、自身がビジネスマン時代に経験した「日本人の弱さ」について言及するところからはじまる。グローバルビジネスの現場で主張ができず相づちばかりを繰り返すビジネスマン、英語は話せるのに、外国人相手になるとリーダーシップはおろか対等に話すこともできない企業のトップ……。こうした日本人の「弱さ」に対する違和感と忸怩たる思いが、幼児教育に取り組む際の大きなヒントになったという。

「国際コンベンションのオーガナイザーとして働いていたときに、世界の国々の人たちと比べて日本人には明らかに“弱さ”があったんです。十分な能力を備えている人でも、国際的な場になると途端にリーダーシップがとれなくなる。これは英語の能力やビジネススキル、プレゼンのスキル以前に、意欲や行動力、決断力や責任感、コミュニケーション能力と言った根本的な“人間力”の差から来ているのではないかと思ったんです」

「人間力」を育むためには、0歳から6歳までの「人格形成期」が重要なのではないか?橋井さんは、一生を決める幼児期に欧米と日本の差を見出し、独自の理論で幼児教育に取り組むことになる。

 橋井さんの“原体験”は、サッカーの世界にもそのまま当てはめることができる。いわゆる“海外組”と“国内組”の差、“海外組”のなかでも、定位置を獲得し所属クラブで結果を出せる選手と、実力を出し切れず志半ばで帰国の途につく選手の違いは、単純なサッカーの技術の差、才能の差ではなく、橋井さんの指す“人間力”の差が大きいことはこれまでの例からも明らかだ。

 中田英寿や本田圭佑、日本では異端と言われる「物言うサッカー選手」がなぜヨーロッパで活躍できたのか?一見“日本人的”な要素を多く持つ長谷部誠や長友佑都がなぜ所属クラブに欠かせないキープレイヤーになり得たのか? こうしたことを考えるだけでも、橋井さんの感じた「日本人の弱さ」と、「日本人サッカー選手の弱さ」が大きく関連していることがわかる。

長友&本田

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク