バディが5得点で決勝戦を制す/「第12回卒業記念サッカー大会 MUFGカップ東京大会」決勝レポート

2019年02月19日

卒業記念サッカー大会 第12回MUFGカップ
タグ: 

取材・写真・文●加藤健一

DSC_0534のコピー

バディが5得点で決勝戦を制す

「第12回卒業記念サッカー大会 MUFGカップ東京大会」の決勝戦が17日(日)、ヴェルディグラウンド(東京都稲城市)で行われ、バディサッカークラブ(以下、バディ)が瀬田サッカークラブ(以下、瀬田)を5-1で下し、優勝を果たした。

 20分×2の試合時間で行われたこの大会は、3月に小学校卒業を迎える6年生を中心としたチームが参加。前日の予選ラウンドでは24チームが8つのグループに分かれてリーグ戦を戦った。

 この日は予選ラウンドを通過した8チームが決勝トーナメントを戦い、瀬田とバディが決勝戦に駒を進めた。

 14:30にキックオフとなった決勝戦は、バディがGKから丁寧にビルドアップして、チャンスを作っていく。するとバディは前半12分、15分と立て続けにゴールを奪い、2-0とリードする展開で、前半が終了した。

 後半に入ってもバディが主導権を握る展開は変わらず。後半8分に瀬田の連係ミスがオウンゴールを招き、その後も10分、13分と立て続けに失点。5-0で試合は終盤を迎える。

 敵陣に攻め込むバディに対し、一矢報いたい瀬田は終盤、左サイドからチャンスを作り、18分に1点を返す。

 しかし、瀬田の反撃はここまで。試合終了を告げる長いホイッスルが鳴り、5-1でバディが勝利を収めた。

 中盤でプレーし、2ゴールを決めた6番・平野佑真くんは試合後、「今日の試合のように、中学に行っても攻守に積極的に関わっていきたい」と話してくれた。

 バディは今季、3月の「NEW BALANCE CHAMPIONSHIP 2018」では中央予選大会と本大会でともに準優勝。合計4つの大会で決勝に進んだものの、優勝にあと一歩のところで涙を飲んできた。

 正GKとして最後方からチームを支え続けた米谷海くんの、「NEW BALANCEでは、自分のミスで試合に負けてしまった。それでも、今日、この大会で久しぶりに優勝できたのがうれしかった」という言葉には、キャプテンとしての責任感が溢れていた。

 米谷くんはジュニアユースでもバディでプレーを続けるそうで、目標を聞くと「チームを関東リーグまであげたい」と力強く答えてくれた。

<関連リンク>
卒業記念サッカー大会 第12回MUFGカップ

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

イングランド サッカー

Twitter Facebook

チームリンク