ビルドアップ時、センターバックはなぜ開く? CBが「見る」べきものとは

2019年03月23日

コラム

近年のサッカーは、ポジショナルプレーや5レーン理論など、様々な用語が飛び交っている。例えば、ビルドアップ時にセンターバックが開く動きは、ジュニア年代でもよく見られる光景だが、指導者や選手は、なぜ開くのかを理解しているだろうか。今回は鹿島アントラーズや日本代表などでプレーした岩政大樹氏の新著『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から「センターバックのポジショニング」について、理解を深めていきたい。

著●岩政大樹 写真●佐藤博之、鈴木康浩

『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』より一部転載


20181228_0462のコピー

ビルドアップ時にセンターバックが「開く」理由

 センターバックは視野に関しては難しくありません。特にビルドアップの時は最後尾から全体を見渡しながらプレーできるので、体の角度は意識しなくても全体が見えている状態です。
 
 ただ、忘れがちなのが、ボールが来る前に、ボールと逆サイドの状況を見ておくことです。攻守において、右にボールがあるなら左を、左にボールがあるなら右を見ておく意識は忘れないように考えておかなくてはなりません。
 
 というのも、センターバックはボールを持って判断する時の選択肢に「見えていないもの」は決して入ってきません。ミスが許されないポジションだからです。
 
 ただ、ボールサイドの状況というのは最悪、ボールが来る途中に瞬時に把握することができます。しかし、ボールと逆サイドはそうもいきません。ボールが来る前に見ていなかったら、ボールから目を切って見ることなどできないので、必ずボールが来る前に絶えず移り変わる逆サイドの状況を見ておかなくてはならないのです。
 
 私はよく思うのですが、センターバックの選手が慌てたり、判断ミスをしたりする時はだいたい「ボールと逆サイドを見ていなかった時」です。「視野(目線、角度)」は「逆サイドを見ておくこと」。これは意識づけと習慣でほとんどが解決できます。それが済んだら、あとは相手に対する「立ち位置」です。「視野」の中でも当然、逆サイドを見ながら「相手」を把握しているわけですが、大事なのはここからの「立ち位置」の定め方です。
 
 ビルドアップ時のセンターバックに出される指示でよく聞かれるのが「開け!」という声ですが、開いた選手たちに「なぜ開くの?」と聞くと答えられない選手ばかりです。これでは意味がありません。開くことは相手の立ち位置に関わらず通用する万能のポジショニングではありません。それなのに「開け!」の声に判断なく開く選手は、相手に対応されると立ち位置を間違えることが多くなります。
 
 センターバックが開くことの目的は、まさに「ボールを受けたときに、相手に自分と相手ゴールを結んだ線上に相手を立たせないこと」です。
 
 つまり、立ち位置を定める基準となるのは「開くこと」ではなく「(自分に対応している)相手からずれること(相手に正面からアプローチされないこと)」。
 
 つまり“相手”を見て決めるべきものです。
 
 後ろでビルドアップに入る場合、相手は中央をやらせないために当然、中を閉めます。相手が中を閉めるから広がります。広がって、相手とずれたところでボールを受けると、相手のアプローチは正面からではなく、少し中からになります(図3)。そうすれば、縦パスを入れたり、前に運んだりという選択肢を持つことができます。
 
Football Intelligence3
 
 “前へ”の選択肢があれば相手は基本的に狙いを定めることができません。そうすれば、全体は下がらざるを得なくなります。その時点で先手が取れたことになるのです。

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク