力任せに蹴ってもボールは飛ばない。ケガをしにくい身体の使い方とは?

2019年06月09日

フィジカル/メディカル
タグ: 

強いボールを蹴るとき、脚を力いっぱい振っていませんか? しかし、脚を力任せに振る蹴り方は、大きな力がボールに伝わらないばかりか、怪我にもつながってしまうようです。今回は、理学療法士でスポーツトレーナーの樋口敦氏に、正しい身体の使い方と、そのメカニズムを聞きました。

『10代のための新しいトレーニング ヒグトレ 背中を柔らかく鍛えるとサッカーはうまくなる』より一部転載

著●樋口敦 構成●中村僚 イラスト●中山けーしょー


樋口敦氏による親子向けクリニックを開催!「小学生のためのヒグトレ ~背中を柔らかく鍛えるとサッカーはうまくなる~」


ヒグトレ_振り幅

「背骨」のしなりが大きなパワーを生む

 突然ですが、サッカーは身体のどの部分を使ってプレーするものだと思いますか? 多くの人は「足」と答えると思います。確かにサッカーは足でボールを扱い、ゴールを奪い合うスポーツです。ゴールキーパーは例外として、手を使うのはスローインの時くらいでしょう。

 では、ドリブルやキックのパワーは、どこから生まれているのでしょうか? 足ではありません。

 足は人の身体の「末端」に位置する部位で、身体の中心から離れた端にあります。もちろん、ふくらはぎなどの筋肉から生まれるパワーもありますが、身体の中心で作られる力に比べると大きくありません。

 それだけでなく、末端だけに頼った力の使い方は、肉離れや関節の炎症など、怪我をしやすい身体になってしまう可能性もあります。

 人間の身体でもっとも大きなパワーを生むのは、背骨です。解剖学では「脊柱」と呼ばれ、24もの骨が連結されて、ひとつの大きな骨を形成しています。いくつもの骨が連結しているということは、大きく曲げる、反る、丸める、伸ばす、といった動かし方ができるため、その反動で大きなパワーを生むことができるのです。

 わかりやすいのは、チーターの動きでしょう。最高速度120km/hで走るとも言われているチーターは、身体を大きく丸めたり、伸ばしたりしながら走ります。その繰り返しがものすごいスピードを生んでいるのです。

 また、魚も同じです。身体の中央にもっとも太く長い背骨が通っており、背骨をしならせて身体を左右に動かして、水中を移動していきます。マグロが泳いでいる動画を見るとわかりやすいでしょう。

 人間も彼らと同じように、背骨を大きくしならせて、大きな力を生み出すことで、速く柔軟で強い動きができるだけでなく、怪我をしにくい身体にすることができます。

ヒグトレ_チーター魚

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

6banar

Twitter Facebook

チームリンク