東京Vが2連覇達成!大量得点で三菱養和巣鴨に勝利し、再び全国の舞台へ/JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会 東京都大会

2019年11月25日

JFA 第43回全日本U-12サッカー選手権大会

■目次
1. 決勝レポート
2. フォトギャラリー1 準決勝 インテルアカデミー-三菱養和巣鴨
3. フォトギャラリー2 準決勝 東京V-JACPA
4. フォトギャラリー3 3位決定戦 インテルアカデミー-JACPA
5. フォトギャラリー4 決勝 東京V-三菱養和巣鴨①
6. フォトギャラリー5 決勝 東京V-三菱養和巣鴨②
7. 集合写真
8. 大会結果

191125都大会決勝

取材・文・写真●塚原淳生 


2連覇を達成し、目指すは全国優勝

 24日(日)、町田市立陸上競技場にて「JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会」東京都大会決勝戦が行われ、東京ヴェルディジュニア(以下、東京V)が三菱養和SC巣鴨ジュニア(養和巣鴨)を4-0で下し、2年連続15回目の全国大会出場を決めた。

 午前中に行われた準決勝では、養和巣鴨がインテルアカデミーと対戦。同点のまま終盤を迎え、PK戦に突入するかと思われたが、後半19分に養和巣鴨の7番・千本木亮磨くんの豪快なシュートが決まり、勝ち越しに成功。養和巣鴨が劇的な形で決勝進出を果たした。もう一方は昨年の決勝カードである東京VとJACPA東京FCが対戦。両チームのGKがスーパーセーブ連発で、試合は1点を争う展開になるが、後半に東京Vの5番・坂井倖大くんのゴールが決まり、東京Vが接戦をモノにした。

 決勝は2連覇を狙う東京Vと養和巣鴨が対戦。今季両チームは東京都U-12サッカーリーグで対戦しているが、そこでは1勝1敗と五分五分の成績だっただけに、接戦が予想される試合となった。

 当日は雨も予想されていたが、天気も回復し、決勝戦はスタート。試合は前半から落ち着いてボールをつないでいく東京Vが優位に進めていく。養和巣鴨の徹底されたボール保持者へのプレッシングを受けるも、ピッチに立つ全員が慌てることなくボール保持を続ける。ショートパスを丁寧に行い、養和巣鴨のプレッシングを外していく。すると、前半8分東京Vがペナルティエリア内で養和巣鴨のハンドを誘い、PKのチャンスを得る。このPKを5番・坂井倖大くんが落ち着いて右隅に流し込み、東京Vが先制する。するとここから東京Vの怒涛の攻撃が始まる。  

 得点を奪った直後には、右サイドからのクロスボールに4番・佐伯凌世くんがダイビングヘッドで合わせ、すぐさま追加点を奪う。その数分後にも、4番・佐伯凌世くんが左サイドでボールを持つと、相手に寄せられていた中ではあったが、キーパーが届かない絶妙なコースにシュートを放ち、この試合自身2得点目をあげた。この佐伯くんの2ゴールは、「サイドを広く使った攻撃」から生まれた得点だったのが、決して偶然起きた得点ではなかった。「ショートパスをつなぐチームではあるんですが、サイドの選手が開いているので、そこにサイドチェンジができると展開が変わる。準決勝ではなかなか出来ませんでしたが、決勝ではできたので、試合を優位に進められたと思います」と東京Vの松尾監督が語るように、「ショートパスをつなぎながら、仕掛けるときはサイドを使いたい」とチームとして狙いがあったプレーから生まれた2ゴールだった。前半は3ゴールを奪った東京Vが優位に進め、試合を折り返す。

 後半になると、まずは1点を返したい養和巣鴨が攻撃を仕掛ける。前半なかなかボールを保持することができなかったが、10番・東理央くんや6番・磯野優人くんが中心となって、ボールを受ける動きを頻繁に繰り返し、チームを押し上げる。だが、点差が開いても東京Vは油断することなく、なかなかゴールに近づくことはなかなかできない。後半17分には途中出場の東京V17番・草間信くんにも得点が生まれ、東京Vが4―0と養和巣鴨を突き放した。試合はこのまま終了。東京Vが4−0と決勝でも強さを見せ、昨年に引き続き東京都大会を制した。

 昨年出場した全国大会ではベスト8に終わった東京V。その結果が非常に悔しかっただけに、選手も監督も雪辱を晴らしたいと強く意気込んでいる。「全国でもサイドでの攻防には自信がある」と5番・坂井倖大くんが語ったように、特に決勝でも発揮できていた「サイドからの攻撃」は強豪がひしめく全国大会でも武器になりそうだ。まずは昨年以上の結果を超える。そして優勝して、トロフィーを持って帰ってくるという目標を達成するために、東京Vは鹿児島の地でどれだけ力を発揮できるだろうか。

ジュニサカMOM

<ジュニサカMOM>
東京ヴェルディジュニア 1番・山崎琉聖くん
 準決勝からスーパーセーブを連発し、ゴールを割らせませんでした。スーパーセーブも印象に残りますが、慌てることなくプレーしていたのが印象的でした。クロスボールへの対応にも優れ、すぐさま攻撃の起点となるフィードもできており、松尾監督も「非常にポテンシャルが高い」と称賛していました。

■全国大会への意気込み
 無失点で優勝したい。そのために自分のコーチングで相手にシュートを打たせないようにする。もしシュートが飛んできたら、止めるのが自分の役割だということを意識してプレーしたいです。

【次ページ】フォトギャラリー①

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

全日本U-12選手権大会

Twitter Facebook

チームリンク