コラム

劣勢になると動きが止まる。メンタルが弱い?

2012年04月10日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回のお悩みは「劣勢になると動きが止まる。メンタルが弱い?」です。

◎試合(試合で修正したい悩み)

qicon
(質問者:小学4年生の保護者)

4年生の男の子です。同学年の中では、うまい方で、試合ではいつもスタメンで出してもらっています。チームが勝っている時はとても良い動きをするのですが、負けている時や、明らかに相手チームが強そうな時、ピタッと足が止まってボールを追いかけなくなり、しまいにベンチに下げられてしまいます。本人に注意しても改善されません。メンタルが弱いのだと思いますが、どのように声をかけたら良いのでしょうか?

qicon
子どもがどうしたいのかを聞いてみよう。
言葉を与えるのではなく引き出して

 親御さんの歯がゆい気持ちは想像できます。ですが、私ならこう声をかけます。

 「今日はいつもと動きが違ってたね? どうしたの? いつもは良い動きをしている。でも、今日の試合はどうしたのかな?」と、そのようなシンプルな問いかけに、お子さんがどう答えるか。まずは、本人の気持ちを探ることが必要です。

 大人はピンチを迎えた子どもに対して、早くどうにかしたい焦りや憤りも手伝って「何か言わなければ」と必死になったり、自分のアドバイスや言葉で好転するかもしれないと考えがちです。でも、まずはうまくいかないことを、本人がどう感じているか、理由やありようをどうとらえているかを把握することが最初の一歩。この一歩を省略して「注意」しても、おそらく親御さんの言葉はお子さんの心に届かず、効果は上げられないでしょう。一方的に「おまえはダメ! メンタルが弱い」などと言い、理想の形を押しつけるのはやめましょう。ここは、サッカーの試合で起こったことをほじくりかえすのではなく、そこから離れて「人の生き方」みたいなことを話し合ってみてください。

「うまくいかないと気持ちが落ち込むし、逃げたくなるね。お父さんも仕事がうまくいかないときがあるよ。でも、こんなふうに考えて気持ちを切り替えてるよ」と、そんなことを例にあげて話してみましょう。親側の願いを話しても良いですね。

「相手が強いと怖くなっちゃうけど、お父さんはおまえに気持ちで負けてほしくないな。失点しても立ち向かってほしいな。試合の最後まで自分のサッカーをやってほしいよ」

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク