コラム

胸トラップ①

2012年05月16日

トラップの中で面積が一番大きくボールを受け止めやすいのが、胸トラップです。飛んでくるボールに対して、左右どちらかの鎖骨の下あたりでトラップします。ボールが胸にあたるときに、ボールの勢いに合わせて上半身を少し後ろに引くことで、コントロールすることができます。このとき、しっかりと上半身のバランス保つようにしましょう。
胸トラップをする際に、ボールとの距離感がつかみづらい場合は、ボールを抱きかかえるようにキャッチしてみて感覚を身につけていきましょう。

?■トレーニング方法

飛んでくるボール見きわめて 胸の左右どちらかでトラップ 次の行動がしやすい場所へボールを運ぶ

??
■今回のポイント

・ボールの勢いに合わせて上半身を後ろに引く
・上半身を後ろに引いた際にバランスを保つ
・鎖骨の下あたりでボールをミートする

 

 

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク