コンタクトプレーを嫌がる子ども?

2012年08月07日

育成を考える

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回のお悩みは球際などでコンタクトプレーを嫌がるお子さんについてのご相談です。

◎練習(トレーニング場面での悩みやギモン)

qicon
(質問者:小学3年生の保護者)

息子は、現在小学3年生です。2年生の11月よりサッカーをやりたいといい、将来、自転車で通えそうなチームをすべて体験し、本人の意思で、一番強いクラブチームに入りました。練習についていけるようにと、毎晩リフティング、ドリブル、パスなどの練習を親子でしました。その結果、リフティングは100回超えてできるようになり、クローズトスキルならチームの真ん中ぐらいまで来たと感じます。しかし、オープンスキルになると、まるで駄目です。もともと、気がやさしくおとなしい子なので、体が接触するのを嫌がっている感じです。「相手の体にぶつからないとボール奪えないよ」と、しつこく言った日は、ちゃんとしますが、言わないとやりません。最近は親子でオープンスキルの練習ばかりをしていて、全然躊躇(ちゅうちょ)する感じはないのですが、チームの練習では自信がない感じです。でも、仲のいい友達は何名かできてとても楽しそうです。このまま、見守っていればいいのでしょうか?

qicon
大人が間違った情報を与えないように。
体を寄せなくてもボールを奪う方法はある

 「相手の体にぶつからないとボール奪えないよと、しつこく言った日は、ちゃんとしますが、言わないとやりません」
  大人の思い込みで、お子さんに間違った情報を与えていませんか。私は上記の部分が引っかかりました。なぜなら、相手の体にぶつからなくても、ボールは奪えます。オシムさんはよくこんなことをおっしゃっていました。

 「体の小さい子は、相手にぶつからないほうがいいよ」と。
  無理に体を寄せなくても、ボールを奪う方法はいくらでもあります。回り込む、相手がボールを置く位置を読んで先回りするなど、プロの選手でもそういったプレーをしている場面はいくらでもあります。

 また、気がやさしくて内気な子が全員接触プレーが苦手なわけでもありません。親御さんがあまり思いこみで子どもを判断せず、それぞれの身体的な特徴やプレースタイルをきちんとみてアドバイスしてほしいと思います。

 「毎晩リフティング、ドリブル、パスなどの練習を親子でし、その結果、リフティングは100回」とあります。強豪チームに加入して、親御さんとお子さんの二人三脚で懸命に練習しているようですが、これはお子さんから「やりたい!」と言ってやっていることでしょうか。であればよいのですが、この相談文を読んで、私が真っ先に思ったのは「あまり追い込み過ぎてサッカーを嫌いにならなければいいなあ」ということです。どうかその部分も気をつけてください。

 最後に、ひとつ言わせていただくと「リフティングが上手くなると、サッカーは下手になる」というのが私の持論です。以前このコーナーでもお伝えしましたね。

 プレーの出来不出来よりも、「チームの練習で自信なさそうにやっている」姿に着目してください。例えば、「ダメだ、ダメだ」とあまりに言い過ぎていませんか? ミスを怖がることはサッカー選手としてはいいことでありません。また、それ以上に、親の目を怖がってプレーしてはいないか。そのことをいま一度よく考えてみてください。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク