コラム

STEP4 2回続けて片足バウンドリフティング

2012年10月10日

今回から2回続けてのリフティングに挑戦してみましょう。ボールを地面に落としてバウンドさせ、利き足でボールをリズム良く2回続けて蹴ります。蹴りあげる高さは胸あたりを目安にして、インステップでミートする感覚を養います。アウトサイドキックも、インフロントキックでも同様です。蹴る際に体がぐらぐらしないようバランスをとりましょう。また、ヒザを柔らかくして、腰が曲がらないようにしてください。なるべく同じ箇所でボールをリフティングをし、また、思わぬ方向にボール飛んでも、落とさずリフティングができるように行いましょう。

■トレーニング方法

・2回続けられるよう、これまでのリフティングメニューでボールフィーリングを養わせましょう。子どもたちのなかで2回続けてリフティングは難しいかなと感じる子どもを見つけたら、指導者自らが手本を見せてあげてください。
・ムダな力が入って、体がくの字になって、腰が曲がりながらリフティングをしている子がいたら、「ヒザを柔らかく使ってごらん」、「体をまっすぐにしてやってみよう」などの声かけをしましょう。

ボールを地面に落とし バウンドしたボールに 2回続けてリズム良くリフティング

?

■今回のポイント

・しっかりミートする感覚を養いましょう

・腰が曲がらないようしてください

・リズム良くリフティングします

 

 

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク