コラム

テクニコ:インサイド

2013年02月20日

今回からは、ボールを使ったウォーミングアップを紹介します。ブラジルでは、練習や試合の前に必ずと言っていいほどボールタッチのトレーニングをします。このような練習を『テクニコ』と呼んでいます。初回はキックの基礎である「インサイド」を使った「2人組で行う両足インサイド」。まず、2人1組になり、ボールを投げる側と、ボールを受ける側に分かれて行います。ボールを投げる側はワンバウンドさせ、相手の左右に、また、タッチしやすい場所へバウンドさせることが大切です。受ける側は、インサイドでボールをしっかりミートし返します。受ける側は次の移動がしやすいようにステップしながら自然に動くようにしましょう。10~20回くらいで、交代します。

■コーチングアドバイス

・ボールを投げる人には左右にボールを振るように声をかけてください。
・ボールを受ける人には、インサイドでしっかりとボールをミートすることをアドバイスしてください。

165
166
167
2人1組になり一定の距離で向き合う。近すぎても遠すぎてもうまくできませんよ。 ボールをバウンドさせ インサイドでボールを返す

?
point44
■今回のポイント

・インサイドでしっかりとボールをミートします
・力を抜いて、ミートを心がけるようにします

 

 

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク