まみや食堂「注意点を押さえて作ろう! サカメシ弁当」

2013年07月12日

食育

 サッカーの試合に持って行くお弁当はエネルギー源である炭水化物中心のお弁当を作りましょう。具体的にはおにぎりやサンドイッチになりますね。また、おかずやデザートにもポイントがあるので、順番に紹介していきます。

■おにぎりのポイント
 おにぎりを握るときは、汗で失われるミネラル補給のためにも、岩塩やあら塩を少しまぶして握りましょう。岩塩やあら塩は精製塩よりも塩分はもちろん、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが何倍も含まれています。

 また、おにぎりが冷める前に海苔をつけると水蒸気でベトベトになり食品衛生上、よくありません。海苔をつけて食べたい場合は、海苔だけをラップに包み、食べる直前に巻いて食べる方法がおすすめです。

■おかずのポイント
 お弁当のおかずの定番のから揚げやウインナー、コロッケなどは脂質が多くて消化が悪い他、タンパク質は運動の直接的なエネルギーにはなりませから、サッカーをする当日のお弁当に入れなくても大丈夫ですよ。
 どうしても肉類が食べたい!という場合は、ハムや皮を取り除いた鶏肉を使ったおかずを1つか2つ入れましょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク