コラム

池上コーチの一語一得「自信がなさそうな息子。でも親はやらせたい」

2013年07月16日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回はサッカーをお子さんに経験させたい親御さんからのご相談です。

◎自宅(ピッチ外での子育ての悩み)

qicon
(質問者:小学2年生の保護者)

ボールさばきも足の速さも明らかに平均点に達していない息子です。しかしサッカーは人気なスポーツでもあり、息子は多少の憧れや興味もあるようで、やってはみたいけど、いつもサッカーが上手な友だちから邪魔扱いされたり、私が見ていても動きがすばやくないのでイライラすることも多々あります。
楽しい練習をさせてくれるチームがあるなら、私は是非サッカーを経験させてみたいのですが、本人がサッカーに自信がなく、「やってはみたいけどどっちでもいいや……」と曖昧な態度なので、やらせて良いものか迷っています。こういう子にサッカーを経験させるのは押し付けになってしまうのでしょうか。

qicon
わが子に合った環境を探してあげて
いやだと言えばやめさせる懐の大きさを

「こういう子にサッカーを経験させるのは押し付けになるのか?」とのご質問ですが、その子の能力云々は関係ありません。その子自身が本当に「サッカーをしたい!」と言うのなら、わが子に合った、できるだけよい環境を探してあげるのが親の務めでしょう。

よって、クラブ選びは慎重に行ってください。大会で優勝できる強豪にとか、絶対上手くなれといった支配的な態度で、親の期待を優先して選んではいけません。サッカーが楽しくできて、なるべく全員が試合を経験できそうな、指導者が全員のことを考えてくれていそうなクラブを探しましょう。

そして、一度入れてみて「やっぱりいやだ」となれば、やめさせればよいのではないでしょうか。そうなったときに、つい親のエゴに近い感覚で「一度やり始めたものはやり通せ」みたいな話をするのは、押し付けになりますね。「まあ、そう言わずにやってみたら?」くらいはいいと思いますが、基本的には本人の意思を尊重して。「OK。じゃあ、またサッカーじゃないものを探してみようか?」とお子さんに言える懐の大きさを持ちたいものです。

まずサッカーを始める前に、親御さんの気持ちの整理をしておくといいかもしれません。「私が見ていても動きがすばやくないのでイライラすることも多々あります」とありますが、親をいらいらさせずにバンバン動けるのを期待しておられるのであれば、そうでないときに子どもに当たってしまうかもしれません。

まずは、親のほうが「何のために子どもにサッカーをさせるのか?」と自問自答してみてください。小学生の間は楽しくできるサッカーをぜひ目指してほしいと思います。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク