コラム

お父さんコーチ必見! ドイツ人指導者が伝授する子どもが楽しむための環境づくりとは?

2013年10月08日

ドイツ・ブンデスリーガの名門、1.FCケルンでも指導経験のある有能な指導者を今回は紹介します。トレーニングの組み立て方やジュニアの育成に対する考え方など参考になる部分があるかもしれません。

文・写真●編集部 取材協力●ファンルーツ

 


U12年代で大切な指導法とは?

9月中旬、東京都内でドイツ人指導者、クラウス・パブスト氏が、日本人指導者のための指導者研修会を行った。この日集まった日本人指導者のために、U8からU15まで活用できる指導術と、ボールコントロールやパス、ドリブル、シュートといった総合的なスキルを磨くいくつかの練習メニューがレクチャーされた。

さて、クラウス氏とは、どんな人物なのか、少しご紹介したい。1971年生まれのクラウス氏は、大学時代、ケルン体育大学に進学し、スポーツ科学を専攻。その後はサッカー指導者の道を歩み、ドイツ・ブンデスリーガの名門、1.FCケルンのユースコーチや育成部長を務め、ルーカス・ポドルスキー(アーセナル)などの育成にも携わった経歴の持ち主である。そして現在は、同じケルン市内のFC1904ヴィクトリアケルンの育成部長を任されている。

「選手としてはプロフェッショナルなキャリアを持つことができませんでした」と話すクラウス氏ではあるが、プロフェッショナルの指導者の道を歩むうえで、さまざまな勉強をしたという。海外クラブの育成指導法を実際に自分の目で見に行ったり、より多くの指導者向けのサッカー実用書を読みあさったりと、自分の知識に変えていった。とはいえ、それをそのままコピーして、使うのではない。さまざまな要素の中で、自分が一番良いと思った方法に作りあげて、練習に落とし込んでいく。
では実際、育成においてどんな指導が大切だと考えておられるのか。

「一番大事にしているのは楽しくて、子どもにとって居心地の良い雰囲気をつくることです。なぜならどんな人にとっても同じだと思いますが、楽しくて居心地の良い環境であれば、良いパフォーマンスができるからです。例えば自分の仕事を楽しんでいれば、良い仕事ができます。逆に仕事がつまらなければ、ただこなすだけの仕事になるのではないでしょうか。指導者自身も、指導することの楽しさを持てば、子どもたちも必然と楽しくなるのではないでしょうか。

私は技術的に優れた選手を育てたいと思っています。よって若い年齢だとドリブルの練習をたくさんしています。まずはボールに慣れ親しみ、ボール扱いに自信を持たせます。試合でも10回、15回とボールに触っても相手に奪われない。それが最初のステップです。それができるようになると試合で1対1や1対2の状況でも自信を持ってプレーできるようになります。なぜならボールタッチに自信をもっているからです。つまり試合中に常にボールを要求する(欲しがる)ようになります。だからこそまずはボールを自在に操れるような技術力が大事なのです。

その次のステップとして(ドリブルには自信があるので)、1タッチ、2タッチでプレーできるように指導していきます。技術のある選手にそれを要求するのはそんなに難しいことではありません。同様にディフェンスに関してもただボールを蹴りだすのではなく、しっかりと奪うように指導していきます。しかしディフェンスに関してはU11までは深くは指導しません。U12年代ではオフェンスに特化して育成しています」

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク