コラム

やら・り~の基礎サッカー講座 サッカーあそび③「サッカーかご入れ」

2013年11月20日

やら・りー流のサッカートレーニングを紹介していくこのコーナー。今回は「サッカーかご入れ」を紹介します。ボールを蹴る場所から目標地点までの距離を、自分で考える力も磨かれえ、キックの練習にも役立つトレーニングです。

協力●リーベルプントFC

サッカーかご入れ

■ルール
用意するのはかごになるようなものであれば何でも構いません。今回はコーンとコーンバー、そしてネットを組み合わせてかごを作っています。そのかごにボールを蹴ってうまく入るよう、狙います。初めは一人ひとり練習しながら、慣れてきたらチーム戦などにして、得点形式で競わせてみるのもよいでしょう。

■ポイント
以下のように、次第に難易度を上げていきましょう。
ステップ1:手でもってパントキックでノーバウンドで入れる
ステップ2:ステップ1よりも少し距離を伸ばして行う
ステップ3:手でもってパントキックでワンバウンドさせてから入れる
ステップ4:ステップ3よりも少し距離を伸ばして行う
ステップ5:ボールを置いた状態からすくい上げて入れる

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク