コラム

池上コーチの一語一得「『声を出せ!』と言うけれど……」

2013年11月26日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回は練習中や試合中で見かけた「声を出せ!」というアドバイスについて、保護者の方からのご質問になります。

◎試合(試合で修正したい悩み)

qicon
(質問者:小学5年生の保護者)

練習中、試合のとき、コーチたちや父親たちから「声を出せ!」と言われます。必要な時もあるでしょうし、出し方が分かりやすい状況もあると思いますが、味方から声があったときには、すでにマークがついていたり(声と走りのタイミングが合わない)、パスを出ない状況(コースがない)で呼んだり、声ばかり気にして冷静にプレーや判断ができなくなっているように、子どもたちが映ります。一保護者ですが、そういったことは口出ししないほうがよいでしょうか。

qicon
指導者に口出しするのではなく、
子どもが気づくきっかけをつくる

 この方がもし経験者ではなく、サッカーを知らないのにかかわらず、このような気づきがあったのだとしたら素晴らしい洞察力だと思います。

 サッカーの指導はコーチに任せているわけなので、基本的に口出しはしないほうがいいでしょう。ただし、自分の子どもにアドバイスをするのは自由です。例えば、こう言ってみます。

「声を出すタイミングがおかしいと思うんだけど。遅れちゃうよね? どう思う?」

 決して子どもを責めたり、一方的に「あれじゃダメだ」などと言ってはいけません。

「どう? どう思う?」とあくまでも問いかけて、自分で考えさせてください。と同時に「練習のときにコーチは声がけについて何か言ってるの?」などと探ってみます。

 口出しはしないけれど、プレーが上手くいくように、どうしたら上手くいくかという方法を一緒に考えてあげる。そんなスタンスで寄り添っていられるとよいですね。

 自分の娘もサッカーをしていましたが、私はこうしろ、ああしろといった命令はしたことはありません。「外から見ると、こんなふうになっているよ。どう思う?」そんなふうに話し、娘の気づきのきっかけになればいいなと考えていました。

 親御さんがそのようなスタンスで付き合ってあげると、子どもはうれしいし、どんどん自分で考えるようになります。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク