コラム

染谷先生のトレセン&セレクション虎の巻 コラム②【指導者編】

2013年12月20日

やる気の火を灯してあげよう!

今回は育成年代の指導者のみなさん、特にボランティアでサッカーを教えるお父さんコーチのみなさんへのメッセージです。

育成年代の指導者というのは、子どもの人間形成や、今後のサッカー人生を左右するポストにいる人たちですので、その責任は重大です。

お父さんコーチだろうがプロのコーチだろうが、子どもにとっては、自分たちにサッカーを教えてくれる先生であることに変わりはありません。指導者が子どもを見ているように、子どもも指導者を見ています。言葉の言い回しや態度なども見られていることを忘れないで下さい。

さて、熱心なお父さんコーチによくある光景なのですが、一生懸命に子どもを指導するあまり、怒鳴るようにして指導している場面を見かけることがあります。このような時、多くの子どもは萎縮してしまって何も考えられない状態だと思います。

同じ言葉でも、言い方や言い回しによって子どもの感じ方は違います。例えば「なんでできないんだ」という言葉を子どもに言ったとします。そのとき、叱るように強い口調で言う場合と、諭すように問いかける場合とでは、子どもが受けるイメージは全然違います。

「なんでできないんだ!!」と、叱られた子どもは、きっと怒られたことで頭が一杯になってしまうでしょう。しかし、諭すように問いかけられた子どもは、なんでできなかったのかをちゃんと考えようとするはずです。この差は大きいと思います。

言葉の言い回しは本当にちょっとしたことなのですが、このちょっとした違いを意識して指導できる人は、意外と少ないように思います。

大人だって怒られるのは嫌ですよね。それは子どもも一緒です。自分がやられて嫌なことは、子どもにもやらないようにしてあげたいですね。しかし、ただ褒めればいいというわけでもありません。要は、子どもの”やる気”を引き出してあげることがポイントです。

怒鳴るのではなく、子どものやる気を引き出して上手く操ってあげれば、子どもはどんどん伸びていきます。特に育成年代では、その子の個性を見極めて、やる気が出る言葉をかけてあげることが大事です。

なぜならば、やる気が生まれれば、今度は次のステップへ進もうとする向上心が生まれるからです。

例えば、リフティング10回のところを5回しかできなかったとします。そこで「なんで10回できないんだ!」ではなく、「半分できたね。すごいじゃないか!」と言われたら、子どもだって嬉しいし、今度は10回できるようになろうと努力するはずです。

子どもは自分のことを大人に認めてもらいたいと思っているものです。ですから、一度そこで認めてあげてから、なんで5回しかできなかったのかを考えさせるのです。

答えが導き出せなかったら、その時はじめて指導者がアドバイスをしてあげます。でも、答えを教えてはいけません。ヒントだけを与えるようにして、あとは子ども自身に考えさせるようにしてください。そうすれば、ダメだった時には反省するようにもなります。このような指導者の元にいる子どもは、きっとぐんぐんと伸びていくはずです。

サッカーは、自分で答えを導き出しながら連続してプレーしなければならないスポーツです。いちいちコーチの顔色をうかがいながらプレーしているようではロボットと一緒ですからね。常に自分の頭で考えさせるように導いてあげてください。

自分で考えさせるためには、子どもの心に”やる気”の火を灯してあげることです。そのための魔法の言葉を、指導者は常に頭に入れておかなければなりません。

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク