まみや食堂「覚えておくと便利な四季の食材と、その効果」

2014年03月07日

食育

前回まで旬の食材についてお話してきましたが、今回は覚えておくと便利な四季の食材とその効果を紹介します。

春の食材

アスパラガス、春キャベツ、新玉ねぎ、さやえんどう
春に採れる野菜には、カロテンが多く含まれるものが多く、身体の免疫機能の強化に働くと言われています。

夏の食材

トマト、きゅうり、なす、ゴーヤ
夏野菜に多く含まれるカリウムは筋肉の動きに関係していて、汗で失われるカリウムを補給して熱中症予防に効果的です。

秋の食材

きのこ類、鮭、サンマ
きのこ類はカルシウムの吸収を助けるビタミンDが多いので、カルシウムが多い乳製品との組み合わせがおすすめ。魚に含まれるDHAは血中コレステロールや中性脂肪を減らす効果も期待できるので、家族みんなに食べてもらいたい食材です。

冬の食材

白菜、ねぎ、大根、ほうれん草
冬に採れる野菜にはビタミンCが豊富。スープや鍋ものなどの料理にして汁ごと食べることをおすすめします。風邪予防や免疫力UPに効果的です。

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク