14歳までのバルサ育成哲学。さまざまなポジション経験が将来のサッカー人生につながる

2015年09月01日

育成を考える

FCバルセロナのコンセプトをつくりあげたラウレアーノ・ルイス氏(元FCバルセロナ 育成統括コーディネーター)は、自らの著書で「14歳までは様々のポジションで選手をプレーさせるべき」と語っています。今回は、その言葉の真意について考えます。

(著●ラウレアーノ・ルイス 訳●高司裕也 写真●編集部)

『世界最高のサッカー指導書 バルセロナトレーニングメソッド』より一部転載


0901barca

いろいろなポジションを経験させることで見えてくるもの

 この年代の子どもたちは、ゴールキーパーも含めて全てのポジションを経験すべきです。そして、ゲーム形式の練習中、ポジショニングに注意しながらプレーしなければなりません。数分ごとにポジションを変えながらゲームを進行させ、スピードや他の要素よりもポジショニングに気をつけさせます。

 実際の試合中は、練習ほど頻繁にポジションチェンジをする必要はありませんが、選手の技術・戦術の理解を深めるために、いろいろなポジションを経験させることは非常に重要なことです。指導者にとっても、選手1人ひとりのプレーの質とポジションの特性を見極める上で有益でしょう。

 私たちの分析では、子供たちの10%は、どのポジションでも上手にプレーすることができます。30%の子どもたちは、理想的なポジションを容易に見つけることができます。しかし、残りの60%の子どもたちは、自身が能力を最も発揮できるポジションをなかなか見つけられません。そこで指導者が彼らのポジションを見つけてあげる必要があります。自分に合ったポジションでプレーをすることができなかったために、活躍できなかった選手もいるのです。

 14歳くらいまでは、様々なポジションでプレーさせて、来たるべき時が来たときに、選手の特性に合ったポジションでプレーさせてあげることが大切です。そのためには、両親や子どもたちと常にコミュニケーションを図らなければいけません。保護者や子どもたちが希望するポジションをプレーさせたり、そのポジションだけでプレーさせたりすることは大きな間違いです。(中略)

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク