コラム

これを使える選手はひと味違う!? 遊びから学ぶ技『クチャラ』を身につけよう【南米流テクニックバイブル】

2017年08月09日


ファナティコポイント

どこで蹴っても通ればパス


069-01

日本ではしっかりパスを出すように指導されるが、南米では「足の裏で押してもパス」「どこで蹴っても通ればパス」いう考え方。足の振りのない「ピンッ」という足先だけのパスを出そうものなら、相手は逆をつかれて反応できない。これも南米では良いパスだ。


ファナティコポイント

相手の泣きどころを狙う南米らしいパス


069-AA

これは角度を変えたりタイミングを変える南米らしいパスの中で、ボールを浮かして相手を外すことができるパスだ。相手のすねの外側を狙うと、相手にとっては泣きどころで反応がしづらいのだ。南米生まれのメッシもよく使う南米の真骨頂と言えるパスだ。


チェック!

スナップを利かせる


069-03_01
069-03_02

ワンポイントアドバイス

しっかり足の甲にのせて足首のスナップを利かせて蹴る。足の角度や、足を入れるタイミングをくり返し練習しよう。


バリエーション

アウトサイドなどその他いろいろ


069-04_02
069-04_01

ワンポイントアドバイス

アウトサイドのクチャラの他、南米のパスは、ボールをなでたり、押したりを使い分ける。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク