「認知力」はボランチとして持つべき最低限の能力である。攻撃時に必要なボランチの動き方

2018年01月18日

スキル&タクティクス

昨年10月上旬、サッカーサービス社が「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017」におけるFCバルセロナのプレーを分析する講習会が開かれた。テーマは「FCバルセロナと日本のボランチの動き方の比較」。分析を担当したアルベルト・ペレス氏はポイントを「攻撃」と「守備」にわけ、とてもわかりやすく受講者に話をしてくれた。そこで、その内容を前編と後編にわけ、今回の前編では、「攻撃時のボランチ」について紹介したい。

【バルサ監督インタビューなどコラム多数】U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017

取材・文●木之下潤 写真●佐藤博之、工藤明日香


ボランチに必要な能力01

前提条件としてボランチに必要不可欠なのは「認知力」

 冒頭に、アルベルト・ペレス氏はFCバルセロナ(以下、バルサ)と日本のボランチの違いは「認知力」だと語った。

 それはFW、MF、DFの3つの縦ライン、さらに左、真ん中、右の横ラインにわけた時、ボランチは中心に位置しているからだ。そのポジションからもわかる通り、ボランチには必然的に周囲の状況を360度把握することが求められる。

 と同時に、同氏は「認知力は攻撃だけでなく、守備においても重要なことだ」と強くうったえた。その理由は、日本ではボールを保持している攻撃時のみ認知を意識している選手や指導者が多いと感じているからだろう。最近、日本のサッカーは守備力不足がうたわれているが、その原因の一つは守備時の認知力の欠如が挙げられる。

 続けて、アルベルト・ペレス氏は「ボランチがどう状況を認知すればいいのか」を具体的に教えてくれた。

「バルサのボランチは、より広くピッチの状況を把握することを重視している。そのためにより走るというよりは、より広くグラウンドが見えるような『体の向き』を作りながら『ポジションを取る』ことだ。当然、見えない範囲が出てくる。だから、首を振って視野を確保し、見えない範囲も補う。それによって、例えば後ろのDFやGKの状況がどうなっているのかも把握するのだ」

 そして、アルベルト・ペレス氏は「日本の選手たちはボール方向にしかフォーカスしていない」と口にした。

 常に周囲の状況を認知するためには、ボールの動く方向に「体の向き」を調整し、ボールのない方向は首を振って状況を見ることが大切だという。基本はボールに対して「体の向き」を作るが、それは攻撃や守備においてその時々の状況によるため、それを調整するためにバックステップやサイドステップなど使うのだ。

 前置きとして、ボランチに必要な条件である「認知の重要性」の話を終えると、いよいよ本題の「攻撃」がテーマの話が始まった。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク