大会情報

第36回全日本少年サッカー大会

ジュニア年代の日本一が決定!

新座片山FC少年団が16年ぶり優勝!!

top

 7月30日(月)から8月4日(土)の6日間を通して、「全日本少年サッカー大会」が行われた。決勝の舞台は静岡沼津・愛鷹広域公園多目的競技場。柏レイソルU-12(以下、レイソル)と新座片山FC少年団(以下、新座片山)が対峙した。試合開始から6分が経過、新座片山にゴールチャンスが生まれる。17番・寺山翼くんが敵陣を切り込み先制ゴールを決める。続く19分にも17番・寺山くんのシュートが入り追加点、新座片山が2点リードで前半を折り返す。後半に入り27分、レイソルの10番・森海渡くんのシュートが決まり2-1となる。その7分後には新座片山の30番・長谷玲央くんが追加点を決め、結果、3-1で新座片山が16年ぶり2度目の優勝を果たした。  また、ジュニサカでは、WEB総合サイトにて大会結果、フォトギャラリーを更新。携帯サイトでは、現地取材班が全少の様子をお届けする「ジュニサカ取材日記」も好評掲載中!

決勝レポートはこちら >>

(写真●佐藤博之)

(12.08.04)

試合情報一覧

47都道府県予選

カテゴリ別新着記事

drisal-bn-300×80


school_01
1日無料体験入学に参加してサッカースクールを選ぼう!

◇PICK UP サッカースクール◇

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク