キッズ年代から取り入れたい! バランス感覚と判断力を伸ばす効果的トレーニング術【前編】

2014年01月15日

サッカー練習メニュー

自然な状況を想定したからだの動かし方を!

──小さい子どもに対して、具体的にからだを使う術を、どこまで教えたらよいのでしょうか?

 難しいですね。というのは、個人差がけっこうあるんです。たとえば、後ずさってボールを受けなければいけないときに、半身になってクロスステップで後退する動作を、誰にも教わらずに、就学前の子どもがやりだすこともあるんです。だからからだを使うスイッチを入れてあげることが、まずは重要でしょうね。

──未発達な子どももいるのでしょうか。

 それは多いですね。まず日常生活のなかで、人と接触することがないんです。だからちょっと押されただけで倒れてしまう。人にどのくらいの力で押されたら、このくらいの力で踏ん張らないと耐えられない、という力加減がわからないからです。だからコーディネーショントレーニングの基本が、人と何かをする、ということになるんです。

──バランスや敏捷性を鍛えるコーディネーショントレーニングというと、ラダーを使ったステップワークを思い浮かべるのですが、実際にはどういうトレーニングをしているのですか?

 はい、それが最近、ちょっと事情が変わってきていまして。もちろんラダーなどの器具を使ったトレーニングもあるのですが、そうではない方向に転換しているんです。

──どういうことですか?

 ラダーの上をステップで越えるような状況というのは、サッカーでも、野外活動でも、日常生活でも、あまりありませんよね。つまり、自然な動作ではないわけです。たしかに、あまり使っていない部位を刺激するので、効果がないわけではないのですが、サッカーがうまくなるという観点からすると、必ずしも正解ではないのではないか、という考えですね。

 からだの調整力をいかに引き出すか、トップからスクールまでこの新しい考え方でトレーニングを再考し始めているところです。

──たしかに、サッカーには決まり決まった局面はありませんが……一試合ごと、ワンプレーごとに、状況は変わりますね。

 はい。もちろん、コーンやマーカーを使ってもいいんですよ。ただその際に、自然の地形にあるような、高低差だったり、距離感を持たせて、その空間の中でどういう身のこなしをすればいいか、からだを動かしているうちに、自然と習得できるような状況を設定してあげたいですね。

(後編へ続く。次回は1月16日更新予定)


プロフィール
川村 元雄

1966年生まれ。徳島ヴォルティスの前身、大塚製薬時代から育成普及に携わる。また、JFAキッズプロジェクトのメンバーやJFA公認指導者インストラクターとしても力を発揮。2010年よりFC東京へ加入。幼稚園~小学生年代の指導者として、また指導者インストラクターとしての豊富な経験を活かして、普及部を牽引する。ニックネームはかわちゃんコーチ。

 


カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

全日本U-12選手権大会

Twitter Facebook

チームリンク