【第38回全日本少年サッカー大会】鹿児島県大会 決勝フォトレポート&大会結果「太陽SC、全員サッカーで3年ぶり2度目のV」

2014年06月23日

大会情報

太陽SC、全員サッカーで3年ぶり2度目のV

2014全少鹿児島005

(文・写真●政純一郎)

6月22日(日)、「第38回全日本少年サッカー大会 鹿児島県大会」の決勝が霧島市の国分運動公園陸上競技場で行われ、持ち味の全員サッカーを貫いた太陽SCが3年ぶり2度目となる全国への切符を手にした。

降りしきる雨の中で、最終日は準決勝、決勝の熱戦が繰り広げられた。10番・石原央羅くんのハットトリックなどでカタージャ川内に4-1で準決勝を勝利した太陽と、準決勝では強豪・川上FCを相手に10番・坂元叶くんが延長戦で決勝ゴールを決めて劇的な勝利を収めたFC加治木が、全国の切符をかけて決勝で激突した。

開始早々から積極的にシュートを放った太陽が8番・古薗汰久己くん(主将)を起点に多彩な攻めで序盤から押し気味に試合を進める。開始5分で右サイドから9番・山崎蒼空くんのクロスを7番・紺屋海斗くんが押し込んで先制。8分にはセンターサークル付近でボールを持った古薗くんがドリブルで持ち込み、「周りがよく見えて、落ちついて打てた」と2、3人のマーカーを振り切って左足で2点目を叩き込んだ。

後半5分には石原くんがダメ押しの3点目。守備でもCBの5番・四俣翼くん、6番・前原大海くんが、相手のキーマン・坂元くんの裏に抜けるプレーを徹底して封じ、40分間で相手のシュートをわずか1本に抑えて完封した。

■太陽SC 宝徳浩二監督のコメント
この大会の優勝を目標に県外遠征などもこなし、練習も重ねてきたので優勝できてうれしいです。持ち味の全員攻撃、全員守備のサッカーができたことが、優勝につながったと思います。技術、スピードのある古薗が主将としてチームを引っ張ってくれましたし、DFも積極的にオーバーラップして、2列目、3列目の選手も積極的にシュートを打っていました。特に、守備では相手の要注意選手に裏をとられないように、守備陣がよく声を掛け合ってチャレンジとカバーの守備ができていましたね。体の使い方やキックの質が上がれば、もっと点が取れるチームになると思います。3年前の全国が2次リーグ敗退だったので、決勝トーナメント進出を目指して頑張りたいと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク