【第38回全日本少年サッカー大会】山形県大会 決勝フォトレポート&大会結果「キャプテンの先制弾で勢いに乗ったふじかげSC山形が快勝、初の全国大会へ!」

2014年06月30日

大会情報

キャプテンの先制弾で勢いに乗ったふじかげSC山形が快勝、初の全国大会へ!

2014全少山形002

(文・写真●頼野亜唯子)

6月29日(日)、山形県・鶴岡市の小真木原陸上競技場で「全日本少年サッカー大会 山形県大会」決勝戦が行われ、ふじかげSC山形(以下、ふじかげ)が2-0でOSAフォルトナ山形フットボールクラブ(以下、フォルトナ)を破り、念願の全国大会初出場を決めた。

試合は、ふじかげが開始早々のゴールで主導権を握る。今大会ゴールを量産するキャプテンの田村直生くんが、結城康生くんのパスを受けて反転シュート。ボールはきれいな弧を描いてゴールに吸い込まれた。

一方のフォルトナもFW庄司宙ノ介くんを中心に攻めるが、先制されてプレッシャーがかかったのかやや動きが固く、決定機を作れないまま折り返す。

後半開始早々、会場を湧かせたのはフォルトナ。キック力に定評のあるGK伊藤琉偉くんの蹴ったFKがクロスバーをたたき、ふじかげをヒヤリとさせる。次第に本来の動きを取り戻したフォルトナは、中盤でボールを奪えるシーンが増え、なんとか追いつこうと必死にゴールを目指す。しかし、ふじかげの粘り強い守備にはね返され、1-0のまま時間が過ぎる。

すると試合終了間際、ふじかげの稲毛胡宇くんが右サイドを突破しペナルティエリア内に侵入。そのまま自分で豪快にゴールに突き刺した。

そして試合終了のホイッスル。2-0で快勝したふじかげが、初めて山形県代表として全国大会に駒を進めることになった。

■ふじかげSC山形 山口雄二監督コメント
感無量です。選手たちがよくがんばってくれました。早めに先制できたのが大きかったです。フォルトナさんは試合巧者だから必ず何か仕掛けてくると思っていましたが、後半の苦しい時間帯もみんなでがんばった、みんなの勝利だと思います。今大会で一番苦労したのは準決勝。主力選手が発熱して欠場して苦しみましたが、GKが活躍してPK戦で勝ち上がりました。全国大会でも、うちのモットーである「気づき」と「一戦必勝」を掲げて、山形県代表として恥ずかしくないように一生懸命がんばって来ます。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク