自分の言葉で話す力をつける! ロジカルコミュニケーションのすすめ

2017年01月27日

メンタル/教育

自分の考えを「根拠」に基づいて話すことが大切

 例えば、パス1つにも根拠がありますよね。

「今なぜ右にパスを出したの?」「なぜならあそこにディフェンダーがいたから」と対応するのは特別なことではありません。

 長友佑都選手をはじめ、海外で活躍するトップレベルの選手たちは、自分の考えを「根拠」に基づいて話すことが常に求められます。

 欧米では、「論理的に自分の考えを表現できない」=「自分の考えを持たない」と見なされ、相手にされなくなる可能性が高いからです。

 日本では「サッカーは論理である」という認識がまだ浸透していませんが、監督の指示で勝てるのは小学校まで。

 中学以上は自分で判断し、自分の考えを周りに伝えていく言葉を持たないと勝てないでしょう。

 言葉のない状況でサッカーをやり続けても頭打ちになってしまうのです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

地域クラブ

Twitter Facebook

チームリンク