夢を叶えるために選んだ越境。FC東京U-15深川・安田虎士朗選手の挑戦/ジュニアユースプレーヤー成長記

2018年01月23日

コラム

DSC_8165
【写真●山本浩之】

経験を糧にして、2018年のチームを引っ張っていく

「小学生のときは、自分がキャプテンとしてチームを勝たせようと盛り上げてきました。気持ちの部分をベースにして成長することができました。今は本当にレベルの高いところでサッカーをやっているので、気持ちと技術を両立させるように努力をしなければ通用しません」

 安田選手から、符津スポーツ少年団で過ごした小学生時代の話しが出たので、地元の友達のことを聞いてみると「年末に石川に帰るので会います。息抜きにもなるし刺激にもなる存在です」と笑みがこぼれた。故郷で旧友との束の間の時を過ごした後は、2018年、新チームの始動に向かう。

「まずプレーで表現したいですね。一学年上の代は、すごく元気でした。みんな仲良くて、それが試合にも出ていました。そんな関わりもいいと思いました。(高円宮杯での)経験を活かしてチームを引っ張っていくようにしたいです」

 安田虎士朗選手の新しい一年が始まった。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク