良いリズムの練習は指導者の手腕次第。”バルサメソッド創始者”が語るコーチングの目的

2018年05月17日

サッカー練習メニュー

指導者に向けての3つのアドバイス

1.ボールを保持していない選手たちに、ただ単にエネルギッシュさや激しいリズムを要求することは、結果的に自チームの選手たちの消耗を招くだけで、対戦相手が持っている能力を活気づけることになりかねません。

2.この年代からレガースを着用させることを勧めます。この年代から選手たちに要求するプレー強度が上がり、プレー中に足を蹴られる可能性が出てきます。

3.試合中、動きの質が高くなかった選手たちの共通点としては、ソックス止めを使用して過度に足を締め付けてしまうことで、足の血流が悪くなっていることがありました。足を必要以上に締め付けたり、血流が悪くなったりしないように、太めのバンテージを着用させたり、紐やゴムバンドの利用には注意しなければなりません。

 11歳~14歳でも、膨大な数のミニゲームを実践することになりますが、もう少し実戦形式の試合へ状況を近づけたい場合は、ゴールキーパー1人と4人の選手で、チームを構成します。40×30mのピッチで、ゴールは4×2mのものを利用します。オフサイドはペナルティーエリアの中だけ適用します。

 ペナルティーエリアは、それぞれのゴールポストから5m離れた場所にハンドボールのように円形状でラインを引きます。ピッチ1面で、4試合同時にプレーできる広さです。ピッチ中央には、指導者や交代選手が待機する場所として利用できるスペースを設けるとよいでしょう。

 多くの場合は12歳ごろになりますが、選手たちが5人制のサッカーを理解し、上手にプレーできるようになったら、7人制のサッカーへ移行します。しかし、以前学んだことを忘れ去ってはいけません。

 3人制から5人制へと移行した時と同様に、5人制で学んだことについて、継続して練習する必要があります。この年代では、個人的な要素より集団的要素が強くなることにも注意が必要です。  

 7人制のサッカーは、60×45mほどのピッチで行います。ゴールは6×2.1mのものを利用します。ペナルティーエリアは、ゴールの位置から13m離れた場所にラインを引きます。グラウンド1面に、2つのピッチを設置することができ、5人制のピッチを作成する時と同じように、ピッチ中央に指導者と交代選手が待機するゾーンを設けるとよいでしょう。

20170827JWC0990

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク