「僕、みやぎへ行く」。日本代表の”10番”香川真司、サッカー人生を変えた決断までの道

2018年06月13日

僕らがサッカーボーイズだった頃
タグ:  

12日(火)に行われた親善試合で日本代表はパラグアイに4-2で勝利を飾りました。トップ下で先発出場した香川真司選手(マリノFC/東舞子SC/神戸NKサッカークラブ)が1ゴール2アシストをマーク。ダブルタッチでDFをかわし、冷静なシュートを決めるなど本来の輝きを取り戻しました。今回は、香川選手の原点を振り返ります。

文●元川悦子 写真●GettyImages

『僕らがサッカーボーイズだった頃 プロサッカー選手のジュニア時代』より一部転載

※この記事は、2014年5月17日に掲載されたものを再編集したものです。


INNSBRUCK, AUSTRIA - JUNE 12:  Shinji Kagawa of Japan reacts after missing a chance during the international friendly match between Japan and Paraguay at Tivoli Stadion on June 12, 2018 in Innsbruck, Austria.  (Photo by Masahiro Ura/Getty Images)

ジーコに憧れていた

 香川真司が香川家待望の長男として兵庫県神戸市で生まれたのは、89年3月。日本が昭和から平成へと新時代をスタートさせた直後のことだった。ベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦が終結しつつあったこの頃、世界のサッカー界では90年イタリアワールドカップに向けた予選が各地で行われていた。

 しかし、アジア1次予選で北朝鮮に敗れて最終予選進出を逃すなど、日本と世界との差はかけ離れていた。本大会どころか、最終予選にさえ進めない不遇の時代に生を受けたひとりの少年が、20数年後、世界トップクラブで大活躍し、日本中を魅了することになる。

 香川がボールを蹴りはじめたのは、幼稚園に入った頃。ちょうど日本中が93年5月15日に開幕したJリーグの熱気に湧き返っていた。ブラジルやオランダ、イタリアなど世界各国からスタープレーヤーがやってきて、ピッチ上で躍動する姿を目の当たりして、幼かった少年は胸をときめかせていた。

 特にお気に入りだったのが、ジーコである。

「僕は鹿島アントラーズの大ファンだったんです。ジーコにはすごく憧れてました。Jリーグの中継も鹿島の試合はよく見てましたし、たまに鹿島が神戸で試合をすることがあると、喜んで出かけていった記憶があります」

 幼稚園の頃から、自宅近くにあった地元の町クラブであるマリノFCに参加した。ここでは楽しくボールを蹴りつつ、キックやドリブル、トラップなどの基本を習得に力を入れていた。

 両親も「好きなことをさせよう」という考えだったから、黙って見守ってくれた。「両親には試合のときは送り迎えをしてもらったり、いろんなサポートをしてもらいました」

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク