「サッカー選手になれないなら医者になる」。成績”ほぼオール5″の武藤嘉紀が実践した文武両道

2018年06月28日

読んで学ぶ/観て学ぶ

今日、日本代表は決勝トーナメント進出をかけてポーランド戦と対戦します。FWとしてスタメンが濃厚な武藤嘉紀選手(バディSC/FC東京U-15深川/FC東京U-18/慶應義塾大学)は中学時代、毎日サッカーに励みながらも「オール5」という優秀な成績を残していました。どのようにして”文武両道”を実践していたのか、武藤選手をよく知る右田聡コーチ(現FC東京U-18コーチ)の話に耳を傾けます。

※取材年2015年

取材・文●鈴木康浩 写真●Getty Images

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.35』より一部転載


INNSBRUCK, AUSTRIA - JUNE 12:  Yoshinori Muto of Japan goes past Alan Benitez of Paraguay during the international friendly match between Japan and Paraguay at Tivoli Stadion on June 12, 2018 in Innsbruck, Austria.  (Photo by Masahiro Ura/Getty Images)

成績はほぼ「オール5」

 武藤選手は小学生のときバディSC(東京都)で過ごし、その後FC東京U-15深川、FC東京U-18、慶應義塾大学という道のりでサッカーに励んできた。彼がたどった進路で特筆すべきは高校受験のとき。中学時代はFC東京U-15深川でサッカーに励みながらも、勉強では群を抜いて成績優秀者に名前を並べる存在。ほぼオール5という評定平均値の高さで見事に難関の慶應義塾高校へ進学を決めている。

「武藤は目標がしっかりしていて、サッカーだけがすべてではなく、勉強もしっかりやるという考えでした。おそらく家庭のしつけもあったと思いますが、将来へのビジョンが中学生にして非常に高いものがありましたね」

 そう話すのは、武藤選手がFC東京U-15深川に在籍していたときに指導し、彼の素顔をよく知る右田聡コーチ(現FC東京U-18コーチ)だ。

「FC東京U-15では中学3年生になると『もしFC東京U-18へ進めない場合はどの高校へ進むべきか?』といった内容の面談を必ず行うんです。ほとんどの選手たちが中学3年生の夏頃に高校の進路についてぼんやり考え始めるものなのですが、武藤だけは中学2年生が終わるころにはすでに明確な目標が定まっていて驚かされたことを覚えています。彼は『プロサッカー選手になれないのならば医者になる』と決めていて『もしもFC東京U-18に進めない場合は慶應義塾高校か早稲田実業高校へ進む』などと具体的な高校名まで挙げて将来を思い描いていたんです」

カテゴリ別新着記事

お知らせ



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク